シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

永山絢斗、お酒を飲みながらのトークショー!阿部サダヲとの強烈撮影裏話

永山絢斗、お酒を飲みながらのトークショー!阿部サダヲとの強烈撮影裏話
グビグビッ! 永山絢斗

 28日、映画『ぱいかじ南海作戦』のヒットを記念したイベントが、新宿バルト9にて行われ、オッコチ役の永山絢斗と細川徹監督が出席。お酒を飲みながらのトークショーで、いろいろな撮影裏話が飛び出した。

 沖縄県の西表島での撮影にちなみ、細川監督は地元沖縄の「オリオンビール」、永山はCMに出演しているサントリーの「ほろよい」を飲みながらの大人のトークショー。永山は本作に出演し「コメディの難しさを痛感しました。(役者として)二皮むけました」と笑顔。特に阿部サダヲとのシーンは強烈だったようで「阿部さんと対峙することで、自然と役柄のオッコチに入ることが出来ました。阿部さんはアドリブが多くて、テストで毎回違うことを言うから大変でした」と撮影当時を振り返った。

 そんな永山と阿部だったが、ほぼ毎日お酒を飲んでいたらしく「飲み屋で現地のお客さんに『阿部ちゃん、マルマルモリモリやってよ』って絡まれたり、酔いつぶれたお客さんを二人で送っていったり……すごく仲良く過ごせました」と撮影秘話も披露。また前回の舞台あいさつで語られた、夜中に佐々木希の部屋の呼び鈴が鳴るというピンポンダッシュ事件の真相が語られたり、終始肩の力の抜けた楽しいトークが展開された。

 撮影現場での和気あいあいとした雰囲気が作品からも伝わってくるような、ホンワカとした映像が魅力の本作。初メガホンをとった細川監督は「映画って楽しいんだなあって思いました。永山君が演じたオッコチが、前半無邪気で何も考えていないようなキャラだったのが、後半ワイルドになってく部分がおもしろかった」と感想を述べると「撮影の最初はすごく緊張していたんですよ」と照れ笑いを浮かべていた。

 本作は、椎名誠原作の同名小説を映画化。失業と離婚を同時に経験した佐々木(阿部サダヲ)が、気分転換で訪れた南の島で経験したサバイバル生活を通じて、仲間との交流や自分にとって本当に大切なものは何かを見つけていく姿を描いたサバイバルコメディー映画。(磯部正和)

映画『ぱいかじ南海作戦』は新宿バルト9ほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 永山絢斗、お酒を飲みながらのトークショー!阿部サダヲとの強烈撮影裏話