シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「メンタリスト」商標登録問題、人気海外ドラマにも飛び火か?

「メンタリスト」商標登録問題、人気海外ドラマにも飛び火か?
まさか日本でこんな騒動に巻き込まれるとは… - 「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」主演のサイモン・ベイカー - Jordan Strauss / WireImage / Getty Images

 「メンタリスト」という名称が商標登録申請されていることが話題になっている。日本ではDaiGoが「メンタリスト」を自称して超常現象パフォーマンスを行っているが、今回の件で出願人となっているのはDaiGoではなく、日本メンタリスト協会という団体だ。

 今年2月に発足した同団体が商標として出願しているのは、「メンタリスト(MENTALIST)」「メンタリズム(MENTALISM)」などの名称。しかし、これらの名称はパフォーマーのDaiGoも現在使用している。もっとも、DaiGoが「超常現象パフォーマンス」としての意味合いで同名称を使っている一方で、日本メンタリスト協会はコンセプトに「メンタルヘルスケアに関する医療・保健・福祉の分野で活動している方や、興味を持っている多くの方のみならず、様々な分野のスペシャリストの方々と共に、心身ともに健全で豊かな未来を創造していきます」と掲げており、同じ名称を使っていても、その定義には隔たりがあることがうかがえる。

 商標に登録された場合、その名称を使用する場合は使用料を払う必要がある。特許電子図書館を参照すると、これらの名称が商標として出願されたのは今年4月。早ければ、今月中にも認められるという報道もある。その場合、DaiGoはもちろん、ほかのことにも影響が及ぶ可能性は十分考えられる。

 その一つが、海外ドラマ「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」だ。原題が「THE MENTALIST」であるとはいえ、商標登録が認められた場合はタイトルを変更、もしくは使用料を払う必要が出てきてしまう。ちなみに同作の「メンタリスト」は「霊能占い師」という意味で使われているため、DaiGoの定義に近い。同作のファンは、今回の騒動がどう転ぶのか、気になるところだろう。(堤本敬太)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • どうせなら無料で映画見放題をやってみる? from きっと、人生が楽しくなるブログ (2013年4月29日 1時46分)
    とうとうGWに入りましたね~♪ 旅行やレジャーへ出かける予定はありますか? まあ、どこも込み合っているかもしれませんけど・・・ もし自分が楽しむことを考えるのであれば、 「せっかく休みなのだから・・・」 と考えるのではなく、 「自分は本当は何がやりた… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 10日
  5. 「メンタリスト」商標登録問題、人気海外ドラマにも飛び火か?