シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ガンダムのニュータイプに人類の未来の進化を託せ!

ガンダムのニュータイプに人類の未来の進化を託せ!
ガンダムを例に映画『プロメテウス』についてコメントした長沼毅氏

 極地やへき地でのフィールドワークを中心とする研究を行っており「日本のインディ・ジョーンズ」とも呼ばれる生物学者の長沼毅氏が、巨匠リドリー・スコット監督によるSFミステリー大作映画『プロメテウス』にコメントを寄せた。

 人類の起源を探るための調査チームを乗せた宇宙船プロメテウス号に乗り、未知の惑星に降り立つことから始まる冒険が描かれた本作。そこで彼らは「神」の領域ともいえる神秘に遭遇することになる。長沼氏が人類の起源を追究する原動力は、人間の持つ助け合いや分かち合いの「美徳」と暴力性の「悪徳」の両面をよく知り、それをコントロールする点にあるという。

 劇中では科学者エリザベス(ノオミ・ラパス)を筆頭に、パンドラの箱を開けてしまった乗組員たちが、それぞれ迷走する姿が描かれるが、その状況こそがまさに「悪徳」なのだ。5万年前、急速な知的進化を遂げたホモ・サピエンスの子孫であるわれわれは「創世記」の中のカインとアベルの兄弟殺しに代表されるように、同胞殺しという悪徳を経て文明を築いたのかもしれない。だからこそ人類には悪徳を根絶し、美徳を伸ばす方向で進化してほしいと長沼氏は力説する。

 そして「わかりやすくいえば、機動戦士ガンダムにおけるニュータイプのようなものですね」とコメント。人類には美徳を持った「ニュータイプ」に対して差別や排除を行わず、明るい未来への先導者として保護するような、意図的な進化を目指してほしいのだそうだ。 

 長沼氏は「ホモ・サピエンス(賢い人)」といわれる人間も、いつか絶滅の日を迎えるなら、美徳を持ったニュータイプの新人類へと進化して終わりませんか? その新人類をわたしは“ホモ・パックス”(平和なヒト)と呼びたいです」と結び、将来への希望を託した。(文:平野敦子)

映画『プロメテウス』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 29日
  5. ガンダムのニュータイプに人類の未来の進化を託せ!