シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

堤幸彦監督、若松監督の死を受け社会派的作品制作誓う

堤幸彦監督、若松監督の死を受け社会派的作品制作誓う
堤幸彦監督

 堤幸彦監督が、17日の若松孝二監督の逝去を受け、「僕もだんだん年数を重ねてきたので、社会派的なものをやってみたいと思っています。先輩の死を無駄にしたくない」とコメントした。

 この日、自身が演出を手掛ける舞台「悼む人」の最終舞台げいこを行い、囲み取材に応じた堤監督。若松監督の死について、「残念ですね。尊敬していましたので。日本の映画史に大事な人を失ったと思います」と語り、自身も社会的作品制作を行っていきたいと意欲を語った。

 なお、この日最終舞台げいこが行われた舞台「悼む人」は、第140回直木賞を受賞した天童荒太の同名小説を、向井理の主演で舞台化した作品。囲み取材には、堤監督のほかに、主演の向井、共演者の小西真奈美、手塚とおる、真野恵里菜、伊藤蘭が出席した。

 堤監督に「小説を読んで舞台にしたいと思ったときに顔が浮かんだ」と抜てきされた向井は「舞台は生の楽しみがあります。最終的に着地点にしっかり着地できれば良いかなと。良いプレッシャーを感じています。難解なお芝居でもあるんですけど、環境が変われば見方も変わるような作品にしたいと思います。日本全国で多くの方に観てもらえれば」と舞台をアピールしていた。(取材・文:県田勢)

舞台「悼む人」は10月19日から28日までパルコ劇場にて上演の後、全国11か所にて上演予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 18日
  5. 堤幸彦監督、若松監督の死を受け社会派的作品制作誓う