シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イケメン声優・宮野真守が超ハイテンション!『伏 鉄砲娘の捕物帳』初日にボケ&ツッコミまくり!

イケメン声優・宮野真守が超ハイテンション!『伏 鉄砲娘の捕物帳』初日にボケ&ツッコミまくり!
仕切りのうまさを披露し初日を盛り上げた声優・宮野真守

 20日、都内で行われた映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』初日舞台あいさつで、出演したイケメン声優の宮野真守が率先して登壇者へのツッコミやフォローを連発。現場さながらのアットホームでにぎやかな雰囲気を演出し、仕切りのうまさを披露した。

 宮野と共に笑顔で登壇した出演の寿美菜子、宮本佳那子、小西克幸、そして監督の宮地昌幸。司会者より作品に対する印象を求められると、宮野は挙手制の断りを制し、いきなりマイク無しでしゃべろうとするハイテンションぶりをアピール。さらに作品のイメージを「すごく」「ヴァーッと」と、大雑把な表現をする宮本に対し、言葉が雑とすかさずツッコミを入れ観衆を笑いの渦に誘うと、続けて若干緊張気味だった寿のあいさつや受け答えに絶妙なタイミングでフォローを入れ、会場を温かい笑いに包み込んだ。

 「作品作りの上で印象に残っているのは?」という質問に対し、小西と宮地監督は劇中に登場する吉原の遊郭シーンを選出。さらに宮地監督は「このシーンのために吉原や歌舞伎町の遊郭という部分を調べまくっていたら、なんかそっちのほうが楽しくなっちゃって」というボケに、「遊びに行っちゃったりしてね」とすかさず合いの手が入り、声優同士だけでなくスタッフを含めての雰囲気の良さを感じさせた。

 本作は、直木賞作家の桜庭一樹が、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」にインスパイアを受け執筆した小説「伏 贋作・里見八犬伝」を基に製作されたアニメーション作品。宮地監督はこの作品に対して「この映画の登場人物が、皆さんの心の中にこれから生きていくと思うと、感無量。気に入っていただければ、何度でも見てほしい」と作品をアピールした。(取材・文:桂伸也)

映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 20日
  5. イケメン声優・宮野真守が超ハイテンション!『伏 鉄砲娘の捕物帳』初日にボケ&ツッコミまくり!