シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

実写版にレオンが登場したのはなぜ? 「バイオハザード」プロデューサーが裏話を明かす

実写版にレオンが登場したのはなぜ? 「バイオハザード」プロデューサーが裏話を明かす
舞台あいさつに登壇した製作陣 - 左から、菅正太郎、神谷誠監督、小林裕幸プロデューサー

 27日、新宿ピカデリーで映画『バイオハザード ダムネーション』初日舞台あいさつが行われ、神谷誠監督、脚本の菅正太郎、小林裕幸プロデューサーが出席した。この日は、劇中に登場する最凶のB.O.W.(有機生命体兵器)タイラントも登場し、会場を盛り上げた。

 2008年に公開された前作『バイオハザード ディジェネレーション』は満席が続出し、3館での2週間限定公開だったにもかかわらず、観客動員3万3,000人、興収4,300万円という驚異的なヒットを記録。小林プロデューサーが「平日の昼ですらチケット取れなかったらしいですからね」と振り返ると、「券を持っていても入れないと苦情が来た」と神谷監督もコメントした。

 それだけに、シリーズ第2弾の本作はまさにファン待望。前作同様、人気キャラクターであるレオン・S・ケネディが主人公となっているが、実は9月に公開された実写版『バイオハザードV:リトリビューション』にもレオンが登場している。そのことについて、小林プロデューサーは「ポール(・W・S・アンダーソン監督)が出したがったんですよ。(レオン役の)役者を探したんですが、見つからずにモデルさんを起用したと聞いています。あの髪型を作るのが大変だったらしいですね」と裏話を披露した。

 実写版、ゲームと新作ラッシュが続いた今年の秋は「バイオ祭り」との様相を呈しており、そのトリを飾る本作について神谷監督は「このバイオ祭りの勢いを盛り上げて終わらせたい。皆さんの応援があれば、次回作に続くと思うので、ぜひ周りの人に薦めてください」と観客に呼びかけていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『バイオハザード ダムネーション』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 実写版にレオンが登場したのはなぜ? 「バイオハザード」プロデューサーが裏話を明かす