シネマトゥデイ

バイオハザード:ディジェネレーション (2008)

2008年10月18日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バイオハザード:ディジェネレーション
(C) 2008 カプコン / バイオハザードCG製作委員会

見どころ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写映画化された人気ゲーム「バイオハザード」のフルCG長編アニメーション。『日本沈没』『L change the WorLd』の特撮監督で知られる神谷誠が監督を務め、アンブレラ社が開発したT-ウィルスを手にしたテロリストと、彼らのバイオテロ鎮圧を任務とするホワイトハウス直轄のエージェントの死闘を描く。フルCG映像製作の経験が豊富なデジタル・フロンティアによるハイクオリティーな映像は見逃せない。

あらすじ

アンブレラ社が開発したT-ウィルスを手にしたテロリストが、7年前に政府が隠ぺいした“ラクーンシティ消滅事件”を大統領自らがすべて公表するようにと脅迫する事態が発生する。ホワイトハウス直轄のエージェント、レオンは事態鎮圧の特別指揮官として空港へ向かい、ゾンビを撃退をしながらバイオテロの鎮圧に尽力する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

スタッフ

監督
プロデューサー
脚本
製作

映画詳細データ

英題
RESIDENT EVIL: DEGENERATION
製作国
日本
配給
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー
(新宿ピカデリー)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]