シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

秋葉原通り魔事件の犯人から着想…社会的弱者の若者を描いた大森立嗣監督の最新作がプレミア上映

秋葉原通り魔事件の犯人から着想…社会的弱者の若者を描いた大森立嗣監督の最新作がプレミア上映
秋葉原通り魔事件に着想を得た作品がついにプレミア上映を迎えた大森立嗣監督

 来春公開予定の映画『ぼっちゃん』が1日、「第13回東京フィルメックス」でプレミア上映され、2008年の秋葉原通り魔事件に着想を得たという本作について大森立嗣監督が制作の裏話を明かした。この日はほかに、主演の水澤紳吾、宇野祥平、淵上泰史、田村愛が出席した。

 映画『ぼっちゃん』は、人付き合いが苦手でネットの掲示板に依存する生活を送っている派遣社員・梶を主人公に、社会的弱者の若者の姿を描いた作品。大森監督は着想のきっかけについて、「最初に『あれ?』と思ったのは、秋葉原の事件を起こした加藤被告が事件直前まで書き込んでいたネットの掲示板を読んだとき。その中のあった言葉に引っ掛かって、その言葉をずっと考えていた」といい、その言葉が「人を愛したい、ただそれだけ」だったことを明かす。

 そんなささいなきっかけから組み立てられたのが、人付き合いの苦手な若者に気の許せる友人、そして気になる女性が現れるという本作のストーリー。大森監督は制作にあたっては「コメディ的な要素とシリアスな要素、良いやつと悪いやつ、そんな二つのことが、実は最後には境目がわからなくなるんじゃないかと思っていた」と明かし、この言葉には同席していた俳優陣も大きく頷いていた。

 また、主演の水澤は役柄について「僕自身、普段から人の言葉に過剰に反応して、うまく対応できなかったり、言葉を飲み込んでしまったりということがある」と共通点を挙げると、「映画の中で口をとがらしているのは役作りですか、とよく聞かれるんですが、普段から自然にやっているんです」とあくまで自然体で演技に臨んだことを告白していた。(取材・文/岸田智)

映画『ぼっちゃん』は2013年春、渋谷ユーロスペースほか全国公開予定
第13回東京フィルメックスは12月2日まで、有楽町朝日ホール(有楽町マリオン内)、東劇、TOHOシネマズ日劇にて開催


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 1日
  5. 秋葉原通り魔事件の犯人から着想…社会的弱者の若者を描いた大森立嗣監督の最新作がプレミア上映