シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

石ノ森章太郎初の舞台化作品を劇場で!主演の大地真央がダジャレでアピール!

石ノ森章太郎初の舞台化作品を劇場で!主演の大地真央がダジャレでアピール!
元宝塚トップスター勢ぞろい!-左から未沙のえる、貴城けい、大地真央、湖月わたる、共演の市瀬秀和

 大地真央が17日、自身が主演した石ノ森章太郎初の舞台化作品となる「大江戸緋鳥808」を映画館上映用に編集した『大江戸緋鳥808 劇場編集版』完成披露試写会に出席し、同作を「映像は、えーぞう」とダジャレ交じりにPRした。

 今年8月に明治座140周年記念公演として上演された「大江戸緋鳥808」は、石ノ森章太郎原作の「くの一捕物帖」を基に、江戸で美貌の花魁(おいらん)として名をはせながら、くの一としての裏の顔を持つ緋鳥の活躍を描き出した作品。石ノ森作品初の舞台化で、連日満員を記録した話題作である。

 それを、明治座とワーナー・マイカル・シネマズの初コラボレーションで、映画館上映用に編集した『大江戸緋鳥808 劇場編集版』。壇上に立った大地は「普段なら、この角度からは絶対に観られないような映像もありますからね。きっと新たな発見があるんじゃないかと。『映像は、えーぞう』ということで」とダジャレ交じりにPR。

 そんな大地と共演した共に元宝塚トップスターである湖月わたると貴城けいは、大地との共演に格別な思いがある様子。湖月が「神です」と切り出すと、貴城は「真央さまと同じフレームの中に残れる喜びを噛みしめております」と感無量の表情。湖月も「真央さまの美しさはひときわ。舞台では横や後ろからしか観られないんですが、映像で観た正面からの真央さまは本当にかっこいい。ぜひアップでご覧いただきたい」と付け加えた。

 また、大地と同期で宝塚に入団した未沙のえるは、大地と27年ぶりの共演。大地が「未沙のえるという名脇役が宝塚を去ったのは大きな損失でした。でも今回、ご一緒して、やはりなかなか得難いキャラクターだと思いました」と切り出すと、未沙も「大地さんも本当にいい相方。27年ぶりで本当に懐かしいし、うれしかった」と久々の共演の喜びを分かち合った。(取材・文:壬生智裕)

『大江戸緋鳥808 劇場編集版』は2013年1月5、6、12日に全国のワーナー・マイカル・シネマズ、20劇場で上映予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 17日
  5. 石ノ森章太郎初の舞台化作品を劇場で!主演の大地真央がダジャレでアピール!