シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マメシバになって奈央ちゃんに抱っこされたい!佐藤二朗が願望激白?

マメシバになって奈央ちゃんに抱っこされたい!佐藤二朗が願望激白?
南沢奈央と佐藤二朗、そして二人の間にマメシバ一郎!

 超個性派で中年ニートの主人公と柴犬の赤ちゃんとの交流を描いた、『幼獣マメシバ』『マメシバ一郎 3D』に続くシリーズ第3弾『映画版 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』に出演する佐藤二朗と、ヒロインを演じた南沢奈央が、撮影現場での様子や愛くるしいマメシバへの意外な思い(!?)を語った。

 佐藤と南沢は2度目の共演になるといい、お互いリラックスして撮影に臨めた様子。佐藤は、前回共演時は高校生だった南沢の姿を思い出し、「すっかり一人の女性として成長して……。魂がきれいと言うと大げさですが、本当に彼女は素直でまっすぐなんです」と絶賛。一方の南沢は「二朗さんこそ撮影中は、スタッフや共演者みんなに声を掛けていただき、場を和ませてくださったんですよ」と大先輩のきめ細やかな気配りに感じ入っていた。

 小学生のころは、ペットショップの店員かトリマー、獣医が夢だったという南沢と、動物にはあまり興味がないという佐藤。そのためか佐藤は、あまりの愛くるしさで役者を食ってしまった一郎役のマメシバにジェラシーを感じていたとか。「奈央ちゃんが一郎を抱っこしている姿を見て、生まれて初めて『犬になりたい!』と思いましたね」と笑顔で明かした。

 南沢は、スカウトされて女優になるべきかどうか迷っていたとき、事務所の社長に「今までなりたかったどんな役にでもなれるから」と言われて女優になることを決意したという。それだけに「この映画に出演して、やっとひとつ夢がかなってうれしかったです!」と顔をほころばせた。

 佐藤が演じる主人公・38歳の元ニートの芝二郎と、同じペットショップで働く同僚のまちこを演じた南沢。実際に芝二郎のような人が身近にいた場合、佐藤が「完全にシカト!」と断言する一方で、南沢は「できなくても一生懸命になってくれれば応援したくなるかも……」と懐の大きいところを見せる。そんな対照的な二人とマメシバが繰り広げる絶妙のやりとりを、ぜひスクリーンでチェックしたい。(取材・文:平野敦子)

『映画版マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』は2013年2月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 1日
  5. マメシバになって奈央ちゃんに抱っこされたい!佐藤二朗が願望激白?