シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

原作に忠実だったためにR18+指定!『ベルセルク』無修正オリジナルバージョンが上映決定!

原作に忠実だったためにR18+指定!『ベルセルク』無修正オリジナルバージョンが上映決定!
映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』より - (C) 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社 / BERSERK FILM PARTNERS

 三浦建太郎のコミックをアニメーション映画化した『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』の公開日が2月1日に迫る中、無修正オリジナル版となるR18+バージョンの上映が一部劇場で行われることが明らかになった。原作に忠実であるが故にR18+指定を受けてしまったという本作は、映像を一部調整したR15+指定での興行となることが決定していた。

 第1部『覇王の卵』が誰でも観られるG指定だった一方、第2部『ドルドレイ攻略』は小学生に助言・指導が必要なPG12指定を受けた同シリーズ。それも原作に忠実に描く方針で制作した結果だが、第3部『降臨』は「極めて刺激の強い性愛描写」を理由にR18+指定を受けてしまった。

 そのため、映像を一切カットせずに明るさなどを調整したR15+版が新たに制作され、通常の全国興行ではこちらのバージョンが上映されることに。しかし、原作の最大の魅力であるエロスとバイオレンスを映像でも楽しみたいという声も多く、新宿バルト9および梅田ブルク7で、無修正オリジナルのR18+版がレイトショー上映されることになった。

 とはいえ、オリジナルがR18+指定されたのも製作陣にとっては予想の範囲内だったとのこと。映画化にあたっては、原作に忠実である以上、R18+指定になるのもやむを得ないと考えていたといい、それだけに無修正オリジナルのR18+版では映像化不可能とも思われていたシーンの数々が原作に忠実に描かれている。R15+とR18+バージョンではほかにも音楽を一部変更した箇所があるといい、ファンは見比べてみるのも楽しいかもしれない。(編集部・福田麗)

映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』は2月1日より全国公開 R18+バージョンは同日より新宿バルト9、梅田ブルク7にて上映


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 29日
  5. 原作に忠実だったためにR18+指定!『ベルセルク』無修正オリジナルバージョンが上映決定!