シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シネコン従業員の2012年ベスト映画発表!洋画は『レ・ミゼラブル』 邦画はアニメがトップ2に!

シネコン従業員の2012年ベスト映画発表!洋画は『レ・ミゼラブル』 邦画はアニメがトップ2に!
『レ・ミゼラブル』が最も映画館で観てほしい映画に! - (C) Universal Pictures

 全国に60のシネマコンプレックスを展開するワーナー・マイカルが30日、同社従業員による「映画館で観ることを薦めたい」映画への投票で決定する「ワーナー・マイカル映画館大賞2012」を発表した。邦画では『おおかみこどもの雨と雪』、洋画では『レ・ミゼラブル』が1位に輝いている。

 2007年に社内企画としてスタートし、昨年から公の発表が始まった同賞。6回目となる今回は、本社と劇場の従業員約3,000名の中から、これまでで最多となる1,751名が投票に参加し、ベスト10が決定した。

 得票数トップに立ったのは、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』。公開以来5週連続でベスト3入りを果たし、興収も30億円を突破するなど、観客から熱い支持を集めるその人気ぶりを、ここでも見せつけた。そのほか洋画部門では、『ダークナイト ライジング』『アベンジャーズ』『007 スカイフォール』といった大作の名にふさわしい映画が並ぶ中、ロングランヒットとなったヒューマン・コメディー『最強のふたり』が3位にランクイン。また『幸せへのキセキ』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』といった、小粒だが味わい深い良作もランクインした。

 一方の邦画では、細田守監督が手掛けた『おおかみこどもの雨と雪』がトップに。2位には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』がランクインし、アニメ作品がトップ2を占める結果に。この2作品が昨年もたらした一大ブームが、劇場従業員にも大きな影響を与えていたことが読み取れる。(編集部・入倉功一)

「ワーナー・マイカル映画館大賞2012」結果は以下の通り

邦画部門
1位 『おおかみこどもの雨と雪』(210票)
2位 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(144票)
3位 『BRAVE HEARTS 海猿』(115票)
4位 『テルマエ・ロマエ』(106票)
5位 『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』(87票)
6位 『劇場版 SPEC~天~』(83票)
7位 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(80票)
8位 『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』(69票)
8位 『のぼうの城』(69票)
10位 『悪の教典』(57票)
10位 『るろうに剣心』(57票)

洋画部門
1位 『レ・ミゼラブル』(305票)
2位 『ダークナイト ライジング』(223票)
3位 『最強のふたり』(170票)
4位 『アベンジャーズ』(150票)
5位 『007 スカイフォール』(79票)
6位 『ドラゴン・タトゥーの女』(76票)
7位 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(69票)
8位 『幸せへのキセキ』(64票)
9位 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(55票)
9位 『TIME/タイム』(55票)
9位 『メン・イン・ブラック3』(55票)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 30日
  5. シネコン従業員の2012年ベスト映画発表!洋画は『レ・ミゼラブル』 邦画はアニメがトップ2に!