シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

あややの愛称!若尾文子、“白戸家”出演で若いファンが増え驚き

あややの愛称!若尾文子、“白戸家”出演で若いファンが増え驚き
囲む会を開催した若尾文子

 女優の若尾文子が1日、山梨県甲府市で開催中の「山梨文学シネマアワード2013」で「女優 若尾文子さんを囲む会」に出席し、自身の女優人生を振り返った。

 戦国武将・武田信玄ゆかりの地である山梨県。1988年に放送されたNHK大河ドラマ「武田信玄」で信玄の母・大井の方役を務めた若尾は、山梨出身の観客たちからの大歓迎を受けた。若尾は、そんな彼らの思いに応えるように、流行語大賞を受賞した「今宵はここまでにいたしとうござりまする」という同ドラマの名ゼリフも披露。観客を喜ばせた。

 近年はソフトバンクのCMで、犬のお父さんこと白戸次郎の母親役を務めたこともあり、若い女性の間では密かに「あやや」の愛称で親しまれている若尾。さらに昨年、キネマ旬報社から自伝本を出版したことで、「最近、トークショーなんかに呼ばれることが多くなってびっくり。若い人でも古い映画が好きな人が結構いるのね」と思わぬ反響に驚いていることを明かした。

 結果、若き日の自分の写真などに対面する機会も増えてきたそうだが、「若いころの自分を見るのはなんとも嫌なもんですよ」と苦笑い。自分の過去の作品を見返すこともほぼないそうで、「もちろん懐かしさはありますけど、過ぎたことを引きずることはないですね。それよりも今。今よりもこれからの方がいい」と常に前進することを心掛けているそう。

 また、この日は若尾を主演に数々の傑作を生みだした甲府市出身の鬼才、故・増村保造監督についても言及。若尾は自ら、増村監督が巨匠・溝口健二監督の映画『祇園囃子』の助監督時代に「お前、若尾をなんとかしろ」と託されたことがあったと明かし、「あの方とは縁が深いんですよ」としみじみコメント。さらに「仕事の話以外は、ほとんど口を利きませんでした。駄目な人ほど公私混同をしますから、いい意味で人付き合いが良くなかった」と述懐。それだけに、増村監督から一度だけ「君は妹みたいなもんだからな」と言われたことが今でも印象深く残っていると振り返った。この日の参加者たちは、そんな彼女の話に熱心に耳を傾けた。(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 1日
  5. あややの愛称!若尾文子、“白戸家”出演で若いファンが増え驚き