シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

篠原ともえ、井筒和幸監督と映画談議で意気投合!「篠やん」と呼ばれる仲に!

篠原ともえ、井筒和幸監督と映画談議で意気投合!「篠やん」と呼ばれる仲に!
井筒和幸監督とすっかり映画の趣味が一致? ゆうばりに登場した篠原ともえ

 北海道夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」で23日、スカパー!の人気番組「スカパー!映画部 ホメシネX(クロス)」公開収録が特設会場で行われ、井筒和幸監督と番組アシスタントの福田萌、そしてゲストの篠原ともえが映画談議を繰り広げた。

 「どんな映画にも誉めるところがひとつはある」をコンセプトに、毎月1,000本以上のスカパー!放送映画から選ばれた作品を、井筒監督が毒舌を封印し(!?)、褒めちぎる本番組。この日は同映画祭フォアキャスト部門で上映されている映画『猫と電車』に主演する篠原ともえをゲストに迎え、収録が行われた。

 収録に先駆けて行われた『猫と電車』の上映前には、篠原のミニライブも実施。会場内にはかつての「シノラー」たちが多数集結し、大盛り上がりとなったゆうばり初体験を振り返った篠原は「地元の皆さんが愛をもって育んでいる映画祭にお邪魔できるなんて、地元愛の歴史に入れてもらえるような感覚になってポカポカします」と笑顔を見せた。

 そんな篠原に井筒監督は「人間って思春期に何を観るかでだいたい分かる。篠原さんは生易しいものは観ていないと思うよ」と収録で切り出し、「深刻な映画は観ないの?」と質問。それに対して篠原が、劇場で泣くくらいに心動かされた作品と、ヴィム・ヴェンダース監督の『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を挙げると、監督は「ヴェンダースが出てくるとは思わなかった」と目を真ん丸に。

 さらに役者として、一目ぼれをしたときの演技を学ぶために、レオナルド・ディカプリオ主演の『ロミオ&ジュリエット』を、さらに奥さんの演技を学ぶためにフェデリコ・フェリーニ監督の『道』をDVDで繰り返し観ていることを明かすと、井筒監督は「勉強しているな~。まさか篠やんの口から『道』が出てくるなんてな~」といつの間にか篠原の呼び名が「篠やん」に変わってしまうほど、篠原の映画通ぶりに感心した様子。その後も『ファンタスティック・プラネット』『不思議惑星キン・ザ・ザ』『サテリコン』などの映画話で盛り上がった二人。「映画の趣味が一緒なんてうれしいですね」と笑顔の篠原に、井筒監督が「何を期待しとんねん!」と軽口を叩くほどに意気投合した様子を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

「スカパー!映画部 ホメシネX(クロス)」ゆうばり映画祭収録会は3月20日水曜22時放送予定
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」は2月25日まで北海道夕張市内各所で開催中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 篠原ともえ、井筒和幸監督と映画談議で意気投合!「篠やん」と呼ばれる仲に!