シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

空想を忘れてしまった大人たちに観てもらいたい!サム・ライミ&レイチェル・ワイズが見どころを明かす!

空想を忘れてしまった大人たちに観てもらいたい!サム・ライミ&レイチェル・ワイズが見どころを明かす!
サム・ライミ監督とレイチェル・ワイズ - 画像:吉岡希鼓斗

 『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が、児童文学「オズの魔法使い」の前日談として作り上げたファンタジー『オズ はじまりの戦い』。原作に登場する偉大な魔法使い、オズの若き日の冒険を描いたドラマは何を語りかけるのか。ライミ監督と、悪役ともいえる魔女エヴァノラにふんしたアカデミー賞女優レイチェル・ワイズが、その魅力を語った。

 1939年の映画『オズの魔法使』が大好きだという二人にとって、子どもの頃に観た同作のインパクトは相当強かったようだ。「竜巻のシーンがとても怖かったけれど、同時に『あの竜巻はどうやって撮ったんだろう?』と思ったね。それとカカシ役のレイ・ボルジャーが素晴らしかった。本物のわらのように見えるカカシが、どうすればあんなふうに動くのか不思議だったよ。あれ以上に素晴らしい演技を、僕は見ていないかもしれない」とライミ監督が語れば、ワイズは「歌とジュディ・ガーランドの声が印象に残っているわ。それと子ども心にも、魔女が怖かったわね」と述懐する。

 その遺伝子を受け継いだ『オズ はじまりの戦い』の見どころとして、ライミ監督はクライマックスのバトルを挙げる。「あのバトル・シーンにはバイオレンスが一切ない。主人公のオズは機知を武器にして戦うんだ。誰も傷を負わないバトルなんて、映画史上初じゃないかな」。そんな物語だから、敵役のワイズも楽しみながら演じられたという。「おとぎの国だから、何でもありでしょ? わたしもいろんなことにトライできたし、演じていて子どもの頃に帰ったような気がしたわ」。

 春休みにピッタリのファミリー・ムービーだが、ワイズは大人の観客にこそ観てほしいという。「空想の力はとてつもなく大きいわ。子どもはそれをよくわかっているけれど、逆に大人は忘れていると思う。そんな力を取り戻させる映画じゃないかしら」とは彼女の弁。また、ライミ監督は「オズは偉大な人間になろうと思っているけれど、その前にはまず良い人間にならないといけないんだよ。それこそが大切だ。そういう意味では、これはモラルについての映画だと思う」と付け加えた。(取材・文:相馬学)

映画『オズ はじまりの戦い』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 10日
  5. 空想を忘れてしまった大人たちに観てもらいたい!サム・ライミ&レイチェル・ワイズが見どころを明かす!