シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

鈴木福&北乃きい、初共演を支えた人物とは?

鈴木福&北乃きい、初共演を支えた人物とは?
鈴木福&北乃きい

 人気の子役たちが“子どもの体になってしまった大人の刑事”を演じることで話題のコメディー『コドモ警察』で、映画初共演を果たした鈴木福と北乃きいが、共演を振り返った。

 『コドモ警察』は、「勇者ヨシヒコ」シリーズや6月公開の『俺はまだ本気出してないだけ』など、映画やドラマで大忙しの演出家・福田雄一が監督、脚本を手掛けた作品。悪の組織レッドヴィーナスに特殊ガスを吸わされ、体だけ子どもになってしまった特殊捜査課の刑事たちが、レッドヴィーナス壊滅のために奮闘するという奇想天外なストーリーだ。

 鈴木福が演じるのは特殊捜査課のデカ長。一方の北乃きいが演じる絵里子は、特殊捜査課のメンバーであるエナメル(相澤侑我)が大人の体をしていた頃の元恋人だ。劇中ではワンシーンしか共演のない二人だが、勝地涼(特殊捜査課の新人刑事・国光信役。ガスを吸わされていないので唯一大人の体だが、いつもデカ長らに怒られている)が媒介となり、すぐに仲良くなれたそう。

 鈴木は「勝地さんはものすごくお芝居ができて、優しくて、かっこよくて、いろーんなことを教えてくれるすごいお兄さんです」と大絶賛。そんな勝地は、北乃にとっても事務所の先輩で、北乃はその人柄について、「ムードメーカーで、すごく面倒見がいい人です。わたしたちとはお芝居や仕事の話を真面目にすることが多いので、今回子どもたちと一緒にいる様子は『男の子たち!』という感じですごくほほ笑ましかったです」と話す。

 鈴木だけでなく現場の子どもたちは常に誰かが勝地の周りにまとわりつき、抱っこされたり膝の上にのっかったりおおはしゃぎだったそう。北乃は「勝地さんも子どもたちのことが大好きみたいで、たまに子どもたちの写メがわたしのところにも届くんです(笑)。それを観ているだけで癒やされました」と『コドモ警察』での撮影秘話を明かした。(取材・文:須永貴子)

映画『コドモ警察』は3月20日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 19日
  5. 鈴木福&北乃きい、初共演を支えた人物とは?