シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

堺雅人、実はスパルタ! 中谷美紀が“微笑みの貴公子”の貴重な表情を振り返る

堺雅人、実はスパルタ! 中谷美紀が“微笑みの貴公子”の貴重な表情を振り返る
こんな笑顔を浮かべても…実はスパルタ? - 堺雅人

 俳優の堺雅人が16日、都内で行われた映画『ひまわりと子犬の7日間』の初日舞台あいさつに登壇し、共演の中谷美紀から撮影中のスパルタぶりを明かされ、タジタジになった。

 同作は動物管理所で起きた実話を基に、人と犬との絆を描いた感動作。二人の子どものシングルファーザーでもある保健所職員の彰司(堺)が、命懸けでわが子を守ろうとする母犬と出会い、犬と人が信頼を築く姿を描いている。

 堺は自身の故郷・宮崎を舞台にした作品だけに思い入れも強かった様子であり、「宮崎で撮影するのは長年の夢で、(共演の)でんでんさんや小林稔侍さんなど、そうそうたるメンバーの方々に自分の生まれ育った言葉のなまりをしゃべっていただくのが非常にうれしかった」と撮影を振り返る。

 しかし、故郷愛が強いあまり堺の方言チェックには熱が入っていたようで、堺の幼なじみの獣医を演じた中谷は「(宮崎弁を)練習して自分では『いけてるかも』と思って現場に入ったけど、監督と方言指導の先生がOKとおっしゃっても“堺さんNG”が出て」と現場での堺のスパルタぶりを告白。これには堺も「僕がNG出したの1回しかないですよ!」と慌てて訂正していたが、中谷は「笑顔でスパルタなんです。いつもの柔和な優しい笑顔でじーっと見つめたまま、『違います』って言うんです」と、“微笑みの貴公子”とも評される堺らしいエピソードを明かして、堺をタジタジにさせていた。

 この日は、ほかにキャストの若林正恭(オードリー)、吉行和子、近藤里沙、藤本哉汰、イチ(女優犬)、宮忠臣(ドッグトレーナー)、平松恵美子監督も登壇。映画初出演となった若林は「(お笑いとは違って)スタッフの笑いが入らないので、何をやってもスベっている感じで不安でした」とお笑いと映画の現場の大きな違いを語る。撮影の合間にはお笑いが好きという堺と盛り上がったそうだが、「スリムクラブが好きという話は出ても、オードリーが好きという話は出てこなかったです」とがっくり肩を落として会場の笑いを誘っていた。(取材・文:中村好伸)

映画『ひまわりと子犬の7日間』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 16日
  5. 堺雅人、実はスパルタ! 中谷美紀が“微笑みの貴公子”の貴重な表情を振り返る