シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ガラスの仮面」初映画化はギャグアニメ!美内先生ごめんなさい!?

「ガラスの仮面」初映画化はギャグアニメ!美内先生ごめんなさい!?
公式も思わず謝罪? 「ガラスの仮面」初映画化はギャグアニメ! - (C)美内すずえ/白泉社 2013 (C)2013「ガラスの仮面ですが」製作委員会

 大人気少女漫画「ガラスの仮面」をギャグアニメ化して話題を呼んだ、アニメ「ガラスの仮面ですが」の映画化が決定した。36年以上連載の歴史を誇る「ガラスの仮面」において初の映画化となり、原作者の美内すずえは「私も困惑しています…」と複雑な(?)心情を明かしている。

 「ガラスの仮面ですが」は、「秘密結社 鷹の爪」シリーズで知られるアニメスタジオDLEがコミックス発行累計5,000万部以上を誇る伝説的少女漫画を徹底的なパロディー描写でアニメ化した作品。主人公の北島マヤとライバル亜弓が伝説の暴走族「紅天女」の総長を目指したり、ガラスのセーラー仮面(?)やOLにふんするなどまさかのストーリーと設定が4月の放送を前に大きな話題を呼んおり、美内も「これは間違いなく『おそろしいアニメ…!』です」とコメントを寄せている。

 そんな話題作が、原作コミック50巻発売(するかもしれない)記念でまさかの映画化。タイトルは映画『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』となり、テレビ版に続いてDLEが制作を務める。映画ではマヤと亜弓、そして月影の3人が、謎の人物からの指令で任務に向かうスーパーエージェントに変身。国際的スパイトリオ「紅の天女」の一員として、銃や武術に頼らず、演技を超えた「超演技」を武器に、ミッションに挑む姿を描く。

 オリジナルを差し置いての初映画化には、アニメスタッフも「美内先生ごめんなさい!!」と思わず謝罪。原作ファンの著名人からも「美内先生、本当にいいんですか?」(坂東玉三郎)「アタシは見ません!」(マツコ・デラックス)「俺の真澄がこんな事に…」(京本政樹)など衝撃の声が寄せられているほか、美内自身も「TVだけじゃなく映画でも、マヤが、亜弓が、月影千草が、こんな事になるなんて!」とコメント。テレビアニメ版とあわせて、原作ファン必見の作品になることは間違いない。(編集部・入倉功一)

映画『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』は6月22日より全国ユナイテッド・シネマにて公開
アニメ「ガラスの仮面ですが」は4月7日よりBS12ch TwellVにて放送開始 毎週日曜21:54~22:00(全17話)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 26日
  5. 「ガラスの仮面」初映画化はギャグアニメ!美内先生ごめんなさい!?