シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キャリー・マリガン『SHAME -シェイム-』のヌードでコンプレックス克服!

キャリー・マリガン『SHAME -シェイム-』のヌードでコンプレックス克服!
コンプレックスを克服したというキャリー・マリガン - Jason Merritt / Getty Images

 映画『17歳の肖像』や『わたしを離さないで』のキャリー・マリガンが、マイケル・ファスベンダーと共演した映画『SHAME -シェイム-』でヌードになった体験が、自分の体へのコンプレックスを克服するきっかけになったとThe Sunで明かした。

 セックス依存症のビジネスマンをファスベンダーが演じた『SHAME -シェイム-』で、マリガンは恋愛依存症の妹の役で、兄の前に全裸で立つというシーンを演じた。

 マリガンは、「わたしの人生において、いつも自分の体に対して開放的になれなかった。露出度の高い服よりも、体を隠す服ばかりを着て、ミニスカートなんて全然似合わないと感じていたの」とマリガンはコメント。

 しかし、『SHAME -シェイム-』の中でヌードになることは、妹のキャラクターを描く上で不可欠な要素だと考えたという。そして、「ヌードになったことで、自分の体を解放することができ、体のコンプレックスを克服できた」とマリガンは明かしている。

 マリガンは、5月10日より全米公開、日本では6月14日公開の、バズ・ラーマン監督の映画『華麗なるギャツビー』で、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアと共演。また、コーエン兄弟が60年代ニューヨークのフォーク・ミュージックシーンを描く映画『インサイド・ルウェイン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』で、ジャスティン・ティンバーレイクと共演しており、こちらは今年世界で順次公開予定だ。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 15日
  5. キャリー・マリガン『SHAME -シェイム-』のヌードでコンプレックス克服!