シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リンカーンがドヤ顔で「今でしょ!」と言っている映像を発掘!

リンカーンがドヤ顔で「今でしょ!」と言っている映像を発掘!
今求められている理想のリーダー像がここに! - (C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC

 4月19日に公開予定の映画『リンカーン』の劇中に、ダニエル・デイ=ルイスふんするリンカーンがドヤ顔で「今でしょ! 今でしょ! 今でしょ!」と連呼するシーンがあることが明らかになった。

 本作の特報には、自身の夢を実現させるべく、リンカーンが熱く「Now!! Now! Now!」と周囲を説得するフレーズが登場する。日本語にするならば「今でしょ! 今でしょ! 今でしょ!」といったところか。これはまさに東進ハイスクールのCMで一躍有名になったカリスマ予備校講師・林修先生の「いつやるか? 今でしょう!」という名文句を彷彿(ほうふつ)させるフレーズであり、その言葉は、われわれに一歩を踏み出す勇気を与えるような力強さに満ちあふれている。

 映画『リンカーン』の舞台は南北戦争が4年目に突入した1865年1月。大統領再選を果たしたリンカーンは、「全ての人に自由を」という理想のために、彼の悲願である奴隷解放を実現させようとしていた。ここで描かれているのは、父親として、政治家として苦悩しながらも、諦めずに困難に立ち向かった「人間・リンカーン」の等身大の姿である。

 本作のメガホンを取ったスティーヴン・スピルバーグ監督は、リンカーンについてこうコメントしている。「偉大な指導者が求められる“今”こそ、この物語を知ってほしい。リンカーンはわたしにとって最も魅力的な人物だ。彼の人生は“今”を生きるわたしたちへのメッセージに満ちている」のだと。現代にも通じるリンカーンのリーダーの資質と、政治家として、そして家庭人としての知られざる真実の姿を描いた本作は、オバマ大統領だけでなく、米上院議員も全員観賞したとも伝えられた。さらに全米では、興収1億8,000万ドル(約162億円)を突破する大ヒットを記録するなど、「“今”観るべき映画」として、その輪は着実に広がっている。(1ドル90円計算)

 父性の喪失、リーダーシップの欠如などが叫ばれている“今”だからこそ、本作は共感を持って迎えられるはずだ。リンカーンが「Now!」と呼び掛けたように、まさに本作を観るのは「“今”でしょ!」と言い切ってしまおう。(取材・文:壬生智裕)

映画『リンカーン』は4月19日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 12日
  5. リンカーンがドヤ顔で「今でしょ!」と言っている映像を発掘!