シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

倉科カナ、よく記憶をなくす?長編映画初主演で意外な一面を明かす

倉科カナ、よく記憶をなくす?長編映画初主演で意外な一面を明かす
意外な一面を明かした倉科カナ

 女優の倉科カナが10年分の記憶を失い、外見は27歳だが頭の中は17歳というヒロイン役に挑んだ映画『遠くでずっとそばにいる』の初日舞台あいさつが15日に都内で行われ、倉科のほか共演の中野裕太、音楽を手掛けた岩井俊二、長澤雅彦監督が登壇した。

 交通事故の影響で過去10年の記憶をなくしてしまった女性・朔美(倉科)が、失われた記憶をたどっていく中、自身の残酷な過去と向き合う姿を透明感あふれる映像で描く本作。今作が長編劇場映画としては初めての主演作となる倉科は「監督は現場で何も言わない方なので、不安になったこともありました。でもあのときがんばって良かったなと思います」と笑顔を見せた。

 また、今回の役づくりについて「よく大変じゃなかったですかと聞かれます。でも、記憶をなくしていく過程ではなく、すっぽり10年間の記憶がない役なので、ないものは作りようがないと思っていた。ただ、自分が知らない間に過ぎ去ってしまったことを気付かされたときのリアクションはすごく大切にしていました」と振り返った。そのほか、監督との具体的なエピソードを聞かれた際に「わたしもヒロインの朔美ちゃんと一緒でよく記憶をなくすことがあって、あんまり覚えていないんです」と意外な面を明かす場面もあった。

 今作で、自身の作品以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛けた岩井は「長澤監督は過去に会社を一緒に立ち上げたこともある、親交が続いている仲間。ある日『岩井さんに音楽を発注していいんですか?』と聞かれて『いいよ』と言ってしまった。冗談かと思っていたら本当に発注が来て」と苦笑しながらいきさつを説明。そして「映像を観ながら、自然に出てくる音を拾って作っていった感じ。自分の好きな記憶をテーマにした映画だったので、ぐっと入り込みながら取り組んで気持ち良かったです」と作業を振り返っていた。

 本作は狗飼恭子の同名小説を、岩井俊二監督の映画『Love Letter』などでプロデューサーを務め、映画『ココニイルコト』『夜のピクニック』などを手掛けてきた長澤雅彦監督が映画化した作品。伽奈、徳井義実(チュートリアル)、六角精児らが脇を固めている。(古河優)

映画『遠くでずっとそばにいる』は渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『遠くでずっとそばにいる』を見た【映画】狗飼恭子原作、長澤雅彦監督、倉科カナ主演の恋愛ミステリー from カフェビショップ (2014年1月26日 7時22分)
    これはひどい。 いい感じでありながら、 何も描けてないという一番ダメなパターンじゃないすかね。 映像はかっこいい風でなかなかいいんすけど、 何をやりたいのかさっぱりよくわからない。 いい感じなのが、 ただただあざといだけに感じてしまうのです。 物語とし… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 15日
  5. 倉科カナ、よく記憶をなくす?長編映画初主演で意外な一面を明かす