シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

関ジャニ∞の大倉忠義、オフの日は一人映画館で泣く!

関ジャニ∞の大倉忠義、オフの日は一人映画館で泣く!
大倉忠義との共演シーンを振り返った桐谷美玲

 関ジャニ∞の大倉忠義が単独での映画初主演を務め、ヒロインを桐谷美玲が演じた映画『100回泣くこと』の初日舞台あいさつが22日都内で行われ、大倉と桐谷のほか、ともさかりえ、廣木隆一監督が登壇した。この日は大倉が「映画館に行ってひとりで泣く」という意外なオフの過ごし方を明かして会場を沸かせていた。

 女性観客の大歓声に包まれながら、ビシっとしたスーツ姿で現れた大倉。映画を観終えて泣いている観客もいる会場を見て「みんな全然泣いていなかったらどうしようと思っていたけど、いい雰囲気であいさつすることができてうれしい」とほっとした表情。また、この日は大倉が初日の東京を皮切りに、愛知、大阪、福岡、宮城と計5都市を回り、キャストや監督、観客からの100の質問に答える「100問聞くこと」という企画が行われることが発表され、大倉は早速ほかの登壇者から質問を受けることに。

 桐谷から「今、かなえたいことは?」と聞かれると大倉は「この映画の大ヒットじゃないでしょうか」と優等生的に答えて会場の拍手を浴びた。ところがその後廣木監督から「オフのときは何をしている?」と聞かれた大倉は「オフは泣きたいので、インターネットで予約して一人で映画館に行って、周りに誰もいない席に座って泣いたりしています」と意外な過ごし方をしていることを明かして会場を沸かせていた。

 一方、桐谷は撮影を振り返り「2人で幸せな中、バイクに乗ったり料理をしたりというシーンは本当に楽しみながら撮影しました」とほほえんだ。すると司会者から「大倉さんのバイクの運転はどうだったか?」と聞かれ、桐谷は「全然上手で、怖くもなかったです」と答えて、大倉はほっとした表情を浮かべていた。

 本作は中村航のベストセラー小説を、『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督がメガホンをとって映画化したラブ・ストーリー。バイク事故で記憶の一部を失った青年・藤井(大倉)と病魔に侵され余命を宣告された恋人・佳美(桐谷)の切ない恋愛を描く。(古河優)

映画『100回泣くこと』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 22日
  5. 関ジャニ∞の大倉忠義、オフの日は一人映画館で泣く!