シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

吉行和子、77歳の婚活女子!? 若き才能を絶賛

吉行和子、77歳の婚活女子!? 若き才能を絶賛
外山文治監督(前列左)を絶賛した吉行和子(同右) - 後列は左から、竹居正武、田内一子、宮田道代

 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013」が12日、埼玉県川口市で開幕し、オープニング作品として上映された『燦燦 -さんさん-』舞台あいさつに吉行和子、宝田明、宮田道代、田内一子、都村敏子、竹居正武、遠山陽一、外山文治監督が来場した。

 現在32歳ながら、高齢化社会の現実をモチーフに作品を発表し続ける外山監督。2007年には短編『星屑夜曲』が本映画祭短編部門で奨励賞を受賞しており、外山監督にとってなじみが深い本映画祭のオープニング作品として、初の長編作品となる『燦燦 -さんさん-』が上映されることとなった。

 本作のテーマは「77歳の女性の婚活」。介護の末に最愛の夫を亡くし、孤独に生きてきた女性(吉行)が、人生を輝かせてくれるパートナーを探すためにお見合いを重ねていく姿を描き出す。「主人公と同い年なので、自分のことのように思いながら演じた」と語った吉行は「監督は32歳のくせに、こういうふうに高齢者を描くなんて」と感激の表情を見せ、さらに「(老人は)心が動かないと思っている人が多いですけど、いくつになっても心が動いているんです。だからこの映画をやっていて楽しかったし、素晴らしい監督だと思う」と若き才能を称賛していた。

 本作の共演者として、宝田明、山本學といった名優も参加。外山監督も、彼らとの仕事について「現場では、時間さえあればずっと練習をしている姿が、新人のようにひたむきだった。現場では余裕でいらっしゃるのが大御所だと思っていたんですが、ひたむきな情熱をずっとキープし続けるのが大御所なんだと、身をもって教えていただけた」と明かした。

 デジタルシネマに特化し、「映像産業の振興」「クリエイターの育成・輩出」を目的に2004年から始まった本映画祭も今年で10回目。期間中は長編12本、短編12本のコンペティション作品が上映され、最終日に最優秀作品賞ほか各賞が発表される。(取材・文:壬生智裕)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013は7月21日までSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザにて開催中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 12日
  5. 吉行和子、77歳の婚活女子!? 若き才能を絶賛