シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

柴田恭兵、V6岡田准一は「僕の若い頃に似ている」!大河ドラマでの親子役に自信

柴田恭兵、V6岡田准一は「僕の若い頃に似ている」!大河ドラマでの親子役に自信
V6岡田准一は「僕の若い頃に似ている」 - 役衣装で会見に出席した柴田恭兵

 天才軍師・黒田官兵衛を主人公にした2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のスタジオクランクイン取材会が27日、NHK放送センターで行われた。官兵衛(V6岡田准一)の父・職隆役の柴田恭兵は、岡田について「僕の若い頃に似ていると思った。若い俳優といろいろ共演しますが、こんな風に感じるのは初めて。これならあんまり考えずにすんなり親子ができるなと思った」と親子役に自信をのぞかせた。この日の会見には、岡田、柴田のほか、官兵衛の正室・光役の中谷美紀、官兵衛の最初の主君・小寺政職役の片岡鶴太郎も出席した。

 柴田、中谷、片岡の三人はこの日が収録初日だったものの、岡田はすでに20日の茨城ロケでクランクイン済み。岡田は「撮影前に膨大な量の脚本を頂き、それをよく読み込みながらいろんなことを考えていました。大河のプレッシャーも感じていました」と打ち明けるも、「でも、現場に入ってしまうと、周りの方の支えもあり、思いっきり遊ぶという感じで楽しく過ごせています」と今はそんなプレッシャーも克服できたとホッとした表情で語った。

 また、本日行われた官兵衛と光の祝言シーンの撮影を振り返った中谷は「1年間良き伴侶になれるよう殿にお仕えしていきたい」と笑顔を見せる。岡田演じる官兵衛について「太陽か月に例えるなら月とうかがっています。静かながら威厳を感じるその存在を、妻としてたいへん光栄に思います」と絶賛すると、官兵衛を困らせる最初の主君役である片岡も「僕のイメージ通り。きれる顔のいい男。この役は岡田君しかいない」と太鼓判を押していた。

 「軍師官兵衛」は、戦国乱世の終焉(しゅうえん)に突如現れ、信長、秀吉、家康という三大武将の下で重用された希代の天才軍師・黒田官兵衛の鮮烈な生涯を描くドラマ。(取材・文:名鹿祥史)

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は2014年1月からスタート


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 27日
  5. 柴田恭兵、V6岡田准一は「僕の若い頃に似ている」!大河ドラマでの親子役に自信