シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

広末涼子、育児は「最高に楽しい」 母親の気持ちを代弁

広末涼子、育児は「最高に楽しい」 母親の気持ちを代弁
母親・育児について語った広末涼子

 女優の広末涼子が27日、都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「鍵のない夢を見る」(9月1日~)の記者会見に倉科カナ、成海璃子、木村多江、高梨臨と共に出席した。理想のママ像に押しつぶされて、わが子の姿を見失ってしまう主婦を演じた広末は「育児は最高に楽しくて、たくさんの喜びと発見の連続」と語り、「その反面、精神的にも肉体的にも大変です。不安感や疲労感からすると、どなたも経験してきた気持ち、そして危うさだと思う」と母親の気持ちを代弁した。

 「外へのポーズとして幸せじゃなくちゃいけないと思い、追い込まれてしまっている」と演じる役柄について説明した広末は、「甘えられる人が近くにいることが大切」とポイントを挙げ、「(子どもは)生まれたてから大きくなっても目が離せなくて、母親として試練でもある。疲れたり眠かったりすることもあるけど、母親も成長していく」と育児論を披露した。

 孤独だとわかっていてもプライドにしがみついてしまうOLを演じた木村は、「本音と建前がすごく出ている役で、あるあると思いながら演じていました」と振り返り、「テレビとかを観ながら、わたしも(演じた役柄のように)一人で突っ込んでいることに気が付いちゃいました」と新たな一面を発見したようだ。

 倉科はバカな男とわかっていながらも人生を差し出してしまう教師にふんした。「この役を演じなかったら(ダメな男の魅力は)わからなかったけれど、理解できました。より深い愛情というか、追いかけたくなる」といまだ役柄にどっぷりと浸っている様子を見せた。

 本作は、作家・辻村深月の第147回直木賞受賞作の連続ドラマ化。閉塞感に包まれた地方都市を舞台に、ふとしたきっかけでありふれた人々が奈落に転がり落ちていくさまを全5話のオムニバス形式で映し出す。第1話では倉科、第2話は成海、第3話は木村、第4話は高梨、最終話で広末が主演を務めている。(取材・文:嶋田真己)

連続ドラマW「鍵のない夢を見る」はWOWOWプライムで9月1日スタート(第1話無料放送)毎週日曜夜10時(全5話)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 27日
  5. 広末涼子、育児は「最高に楽しい」 母親の気持ちを代弁