シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松田龍平ら日本人キャスト大暴れ!『ザ・レイド』続編インドネシア撮影は快調!

松田龍平ら日本人キャスト大暴れ!『ザ・レイド』続編インドネシア撮影は快調!
熱き演技合戦を繰り広げた北村一輝、松田龍平、遠藤憲一とメガホンを握るギャレス・エヴァンス監督

 インドネシア映画『ザ・レイド2:ベランダル(原題)/ The Raid 2: Berandal』で海外作品初出演を果たした俳優の松田龍平が、ジャカルタで行われている撮影に臨み、共に在インドネシアの日本人ヤクザを演じた遠藤憲一、北村一輝と気迫あふれる演技戦を繰り広げた。

 本作は、世界各国の映画祭を熱狂させ、全米公開を果たしたアクション映画『ザ・レイド』の続編。三人の競演は、日本映画の大ファンだというギャレス・エヴァンス監督の熱いオファーによって実現した。

 撮影2日目、三人は遠藤が演じるヤクザの組長・後藤の事務所セットに集結。積極的にアイデアを出しながら役をつくり上げていく北村と、静かな目の奥に内に秘めた激情を醸し出す松田。そして映画『クローズZERO II』以来、4年ぶりにヤクザを演じる遠藤の迫力満点の怒号が現場に響くと、エヴァンス監督は「素晴らしい! 彼らを選んでよかった!」と笑みをこぼす。

 現地での撮影に不安を感じていたという遠藤は、初タッグとなったエヴァンス監督の撮影方針を「役者って、いつ自分にとって最高の演技ができるかわからない。監督はテストから回してくれているから、きっと自分の一番いい演技を使ってくれると思っています」と称賛。また、エヴァンス監督がプロデュースした映画『キラーズ(原題) / Killers』に主演した北村は、「この映画は監督とお会いしたときにぜひ! と言って実現した話です。だから緊張しなければいけないはずなのに、ついウキウキしてしまう自分がいましたね」とニッコリ。

 今回最も大きな試練を課せられたのは、英語とインドネシア語のセリフに挑戦した松田だろう。「インドネシア語は全く初めての言語だから、こちらに来てからずっと練習しています」と言い、現場では、スタッフたちに何度も発音を確認する姿も見られた。そして本番で見せた完璧な発音にはエヴァンス監督も「演技をしながら外国語を話すのはとても大変なはず。それを完璧にやり遂げた松田さんは素晴らしい役者さんです」と絶賛した。

 短い撮影期間だったにもかかわらず、すっかりクルーたちと打ち解けた日本人キャスト。次作でハリウッド進出が決まっているギャレス監督も、彼らの演技に大満足だったようで「次回作も、ぜひ三人に出てほしい!」と熱烈オファー。国境を越え、和気あいあいとした現場で作られた本作の完成が楽しみだ。(編集部・森田真帆)

映画『ザ・レイド2:ベランダル(原題)』は2014年公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 松田龍平ら日本人キャスト大暴れ!『ザ・レイド』続編インドネシア撮影は快調!