シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『地獄でなぜ悪い』がトロント映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞受賞!【第38回トロント国際映画祭】

『地獄でなぜ悪い』がトロント映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞受賞!
トロント映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞受賞! - 映画『地獄でなぜ悪い』より - (C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

 園子温監督の映画『地獄でなぜ悪い』が現地時間15日、第38回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞を受賞した。同映画祭で日本からの作品が観客賞を受賞するのは、第28回(2003年)での北野武監督作『座頭市』以来2度目となる快挙(ミッドナイト・マッドネス部門では初)。園監督は「こんな賞が欲しかった。この映画は、こういう賞を求めていた。この映画がジャンプして喜んでいる姿が目に浮かぶ」と喜びのコメントを寄せている。

 トロント映画祭で最高賞「観客賞」が設けられているのは、プレゼンテーション部門、ミッドナイト・マッドネス部門、ドキュメンタリー部門の3部門。『地獄でなぜ悪い』が観客賞を受賞したミッドナイト・マッドネス部門は、「エッジのきいた才能の聖地」とも呼ばれる独特の世界観が魅力の作品を上映する部門で、松本人志監督作『R100』も出品されていた。園監督は第37回の同映画祭では、『希望の国』でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞している。

 なお、観客賞(プレゼンテーション部門)はキウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、ベネディクト・カンバーバッチら出演で奴隷制度時代を描いた『12イヤーズ・ア・スレイブ(原題) / 12 Years a Slave』(スティーヴ・マックィーン監督)、ドキュメンタリー部門観客賞はエジプトの混乱を映し出した『ザ・スクエア(原題) / The Square』に与えらえている。(編集部・市川遥)

映画『地獄でなぜ悪い』は9月28日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 16日
  5. 『地獄でなぜ悪い』がトロント映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞受賞!