シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ペット・セメタリー』の再映画化の監督が決定!

『ペット・セメタリー』の再映画化の監督が決定!
『ペット・セメタリー』 - Everett Collection/アフロ

 スティーヴン・キングの原作「ペット・セマタリー」(映画のタイトルは『ペット・セメタリー』)の再映画化で、フアン・カルロス・フレスナディージョ監督がメガホンを取ることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

 本作は、映画『サイド・エフェクト』のロレンツォ・ディボナヴェンチュラと映画『インシディアス』のスティーヴン・シュナイダーが、パラマウント・ピクチャーズのもと企画しているリメイク作品で、映画『1408号室』のマット・グリーンバーグと映画『インベージョン』のデヴィッド・カイガニックが共同執筆することになっている。監督は、一時期、映画『ピラニア3D』のアレクサンドル・アジャ監督が候補に挙がっていたようだが、正式に映画『28週後…』のフアン・カルロス・フレスナディージョがメガホンを取ることになったようだ。

 オリジナルの作品は、メイン州の小さな町を舞台に、死者をよみがえらせることのできる伝説の墓地ペット・セメタリーを巡るホラー作品で、1989年にメアリー・ランバート監督によって映画化され、1992年の続編にはエドワード・ファーロングが出演していた。

 今のところ、キャスティンングは明らかにされていないが、来年の1月頃の撮影を予定しているようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 4日
  5. 『ペット・セメタリー』の再映画化の監督が決定!