シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ウエンツ瑛士、釈由美子には冷たかった?舞台あいさつで暴露される

ウエンツ瑛士、釈由美子には冷たかった?舞台あいさつで暴露される
ウエンツ瑛士(右)、釈由美子(左)に冷たい? - 中央は夏菜

 9日、ウエンツ瑛士がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた主演映画『タイガーマスク』初日舞台あいさつに出席した。本人自ら「俺は超チャライ」というウエンツだったが、哀川翔、夏菜、釈由美子ら共演者から続々と現場での素顔を暴露されタジタジになっていた。本舞台あいさつには良知真次、勝信、平野綾、落合賢監督、スペシャルゲストとして主題歌を担当したAAAの浦田直也、伊藤千晃、そしてシークレットゲストとして三池崇史監督も登壇した。

 ウエンツは原作ファンが多い作品を演じることになったときの心境を「プレッシャーがなかったといえば嘘になりますが、自分にこの役のお話をいただけたということは素直にうれしかったし、選んでいただいた人に背中を押してもらい、試行錯誤しながらも楽しく演じられました」と真面目にコメント。

 そんなウエンツだったが、舞台上では、哀川や夏菜、釈がトークをしようとすると、常にちゃかしたりして浮かれ気味。自ら「俺は超チャライんですよ」と発言して場内を沸かせていたが、哀川は「現場では、一点を見つめるように集中していて超真面目。びっくりしました」と素顔を暴露。またヒロイン・若月ルリ子を演じた夏菜が「撮影の前に、監督が2人の時間を作ってくれて、ウエンツさんとじっくり会話が出来たので、上手く撮影に入っていけました」とここでもウエンツの誠実さを明かす。

 さらに夏菜は「控え室にきのこの山が置いてあって、わたしが『たけのこの里の方が好きなんですよね』って何気なくつぶやいたら、しばらくして中身がたけのこの里になっていたんですよ」とウエンツの優しさをうかがわせるエピソードを披露。登壇者からは「いい奴じゃん」と声を掛けられ、ウエンツは照れながらもまんざらでもない表情だった。

 しかし、横でその話を聞いていた釈は恨めしそうに「そうなんですね。わたしに対してはウエンツ君、全然話しかけてくれなくて感じ悪かったのに!」と発言。哀川から「人によって態度変える奴なんだな」といじられたウエンツは「そんなことないですよ!」苦笑いを浮かべていた。

 本作は、梶原一騎原作、辻なおき作画の人気コミックを、落合賢監督で実写化した映画。多額のブラックマネーが飛び交う格闘場を舞台に、孤児院で育った伊達直人(ウエンツ瑛士)が特殊マスクを身に着け、愛する者のために奮闘する姿を描いたエンターテインメント作品。(磯部正和)

映画『タイガーマスク』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 9日
  5. ウエンツ瑛士、釈由美子には冷たかった?舞台あいさつで暴露される