シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

綾瀬はるか×松坂桃李で「万能鑑定士Q」映画化!パリでの大規模ロケも予定

綾瀬はるか×松坂桃李で「万能鑑定士Q」映画化!パリでの大規模ロケも予定
「万能鑑定士Q」が映画化! - 凜田莉子役の綾瀬はるかと小笠原悠斗役の松坂桃李 - (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会

 松岡圭祐の人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズが、綾瀬はるかと松坂桃李の共演で初めて映画化されることがわかった。綾瀬が演じるのは、驚異的な鑑定眼とロジカルシンキングを駆使して難事件を解決するスーパーヒロイン・凜田莉子。松坂は、そんな莉子と共に事件の謎を追う、入社5年目の雑誌編集者・小笠原悠斗にふんする。

 映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』は、シリーズ最高傑作とうたわれる「万能鑑定士Qの事件簿IX」を基にした作品。パリ・ルーヴル美術館の臨時学芸員に選ばれた莉子と彼女を取材する小笠原のコンビが、「モナ・リザ」に隠された謎や真贋(しんがん)に迫る姿を描く。パリでの大規模ロケも予定しており、日仏を舞台に壮大なスケールのサスペンスが展開することになる。

 NHK大河ドラマ「八重の桜」後、初主演作となる綾瀬だが、「莉子は、天真らんまんでとても心の優しい人。そして基本的には普通の女の子なのでわたしもいつもの自分で撮影に入っています」と気負わず撮影に臨んでいる様子。初共演の松坂については「普段テレビで見ている爽やかなイメージとは違いますね。記者さんが爽やかではないという意味ではないのですが、松坂さん演じる記者さんモサッとしていますよね」と笑いながら明かしている。

 これに対し松坂は「記者としていい味が出ていると聞いて、そのにおいを出したかったのでうれしいです。狙い通りです(笑)」としたり顔。今回公開されたビジュアルでは原作の小笠原と違ってメガネを掛けているが、これについては「活字を扱っていますし、メガネを掛けていてもよいのではないかということで、衣装合わせの際に監督と相談して、こういうスタイルになりました」と説明している。

 監督を務めるのは、映画『GANTZ』シリーズや『図書館戦争』などエンターテインメント大作に定評のある佐藤信介。綾瀬演じる莉子と松坂演じる小笠原の関係について「お互いが補い合って助け合うというところを描いていきたいなと思っています。まだ撮影が始まったばかりですが、狙い通りな感じになってきているなと思っています」と早くも手応えを感じている。このほか、莉子のライバル鑑定士には『終戦のエンペラー』の初音映莉子、ルーヴル美術館の代理人にはテレビドラマ「ATARU」などの村上弘明が決まっている。(編集部・市川遥)

映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』は2014年初夏、全国公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 12日
  5. 綾瀬はるか×松坂桃李で「万能鑑定士Q」映画化!パリでの大規模ロケも予定