シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『攻殻機動隊』坂本真綾、ドMな男たちに囲まれる…Sに目覚めた?

『攻殻機動隊』坂本真綾、ドMな男たちに囲まれる…Sに目覚めた?
舞台あいさつに登壇した坂本真綾(右)と沢城みゆき(左)

 30日、人気アニメシリーズ第2弾『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、草薙素子役の坂本真綾、バトー役の松田健一郎、ロジコマ役の沢城みゆき、シリーズ構成・脚本を担当した作家の冲方丁、竹内敦志監督、黄瀬和哉総監督、製作総指揮の石川光久が来場した。

 本作は、士郎正宗の人気コミックをアニメ化したSFアクションアニメの第2弾。製作総指揮の石川は「本日の(別会場の)舞台あいさつでは、(本作に登場する)電子戦のスペシャリスト、イシカワになりきって話したんですけども、坂本真綾から『お前は(石川が社長を務めるアニメ制作会社のProduction)I.Gじゃなくて、NGだ』と言われまして」とダジャレを交えてあいさつすると、坂本は「そんなのは聞いたこともないセリフですね」と笑いながら否定。

 しかし、坂本が「ただ、(劇中で)イシカワと呼び捨てにするのが素子になってから楽しみで。(舞台あいさつでも)『イシカワと言ってくれ』と言うし、冲方さんは『ピンヒールで踏んでくれ』と言うし。みんながドMであることがわかりました」とSっ気の強い表情でニヤリと付け加えると、「言ってねえよ!!」と慌てた様子の冲方に会場は笑いに包まれた。

 そんな冲方は本作について「今回はかわいそうなバトーを強調した」と述懐。竹内監督も「バトーと素子のハッキリとした主従関係はここから始まったんです」と二人の関係性について解説。それを踏まえた司会者から「バトーを制圧する気分は?」と尋ねられた坂本は「気持ちがいい」と笑顔。一方のバトー役の松田も「気持ちがいい」と追随し、ファンの喝采を浴びた。

 一方、本作のマスコットキャラクター的な思考戦車・ロジコマの声を担当する沢城は「わたしはいかにのびのびやるか。全力で何も考えない。素子にさえものまれないという感じで、『空っぽ』を全力でやっています」と切り出し、「(キャラクターを)本当にかわいく動かしてくれているので、(アフレコで)いろんなセリフを入れまくるんですが、ほとんど切られている」と嘆いたが、「素子から『止まれ』と言われて、『ストーップ』と言うセリフは、わたしが勝ち取ったセリフです」と誇らしげな顔をしていた。(取材・文:壬生智裕)

『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』は全国劇場で上映中【2週間限定】


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 30日
  5. 『攻殻機動隊』坂本真綾、ドMな男たちに囲まれる…Sに目覚めた?