シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

故スティーグ・ラーソンさんの「ミレニアム」3部作の続編を書く作家が決定

故スティーグ・ラーソンさんの「ミレニアム」3部作の続編を書く作家が決定
「ミレニアム」シリーズの映画化作品『ドラゴン・タトゥーの女』のミカエル役ダニエル・クレイグとリスベット役ルーニー・マーラ - Adam Berry / Getty Images

 2004年に亡くなったスティーグ・ラーソンさんの「ミレニアム」シリーズの続編を執筆する作家が決まったとAccess Hollywoodなどが報じた。

 スウェーデンの出版社ノルステッズは、トッププロサッカー選手ズラタン・イブラヒモビッチの自伝「俺はズラタン」を書いたダビド・ラーゲルクランツと契約をしたことを発表。

 新刊はジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィストとハッカーのリスベット・サランデルを主人公に描いたものになるが、ラーソンさんが亡くなったときに執筆途中だった4作目に手を加えたものではなく、まったく新しいものになるという。

 タイトルはまだ未定だが、2015年8月に出版を予定しているとのこと。ラーソンさんは「ミレニアム」シリーズは10巻で構成する予定だったと言われている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 故スティーグ・ラーソンさんの「ミレニアム」3部作の続編を書く作家が決定