シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

温水洋一、掘北真希を独り占めしたとニンマリ

温水洋一、掘北真希を独り占めしたとニンマリ
素朴なキャラクターが魅力の温水洋一

 俳優の温水洋一が11日、映画『麦子さんと』の大ヒット御礼舞台あいさつに吉田恵輔監督と登壇した。温水は本作でタクシードライバーを演じるが、「自分が過去に出た映画の中でも3本の指に入る作品」と本作を絶賛。主演の掘北真希に対しても、ほのかなファン意識をちらつかせつつ、「今回の堀北さんは特にかわいかった。撮影中役のおかげで堀北さんを独り占めできた」とうれしそうに話した。

 過去の作品でも何度か起用を考えたが、低予算の作品に温水のようなベテランを呼ぶのは失礼だと思い断念してきたという吉田監督。そんな監督に「低予算でもいい作品なら出たいです。次はぜひ声をかけてください」と話すなど、素朴で偉ぶらないキャラクターが魅力の温水。吉田監督は「現場に本当によくなじんでいた。ベテランなのに気を遣わなくてもいいし、自然体で、フレームにいても気付かないことがあった」と現場での温水の様子を紹介。「ご一緒できて光栄でした」と温水に感謝の気持ちを述べる。

 その温水の現場での楽しみは主演の堀北との撮影だったようで、温水は「共演回数はけっこう多いんですけど、今回の堀北さんは特にかわいかった」と本作の掘北に太鼓判を押す。「撮影中、役のおかげで堀北さんを独り占めできた」と話し、監督から「撮影中温水さんとよく話しているなと思っていましたが、何を話していたんですか?」と問われると「撮影が休みのとき、何をして過ごしてたの? とかそういうことを話していました。素敵な女優さんになられたなって思います」とうれしそうにコメントした。

 温水は作品についても「公開後2度観ましたが、うるうるとしました。自分の出た映画の中でも3本の指に入る作品だと思います。出られてよかった。本当に素敵な作品になったと思います」と本作を絶賛。客席へ向けても改めて「いろいろな方に紹介してあげてください」と本作をPRしていた。

 本作は吉田監督の実体験を交えて描かれるハートフルドラマ。納骨のために亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を通して母の知らなかった一面に触れていくというストーリー。 (取材・文 名鹿祥史)

映画『麦子さんと』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『麦子さんと』を観た【映画】吉田恵輔監督、堀北真希主演の母と娘のハートフルドラマ from カフェビショップ (2014年10月8日 7時14分)
    親子の話っすね。 なんでわたしを捨てたのお母さん!とすねてる子供が 母親の死後に納骨のために 母の故郷を訪れて母の若いころを知って お母さんにはお母さんの事情があったんだと 当たり前のことに気がついて 少し大人になる話。 なかなかよかったですね。 何が… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 12日
  5. 温水洋一、掘北真希を独り占めしたとニンマリ