シネマトゥデイ

ゴールデン・グローブ賞発表!『アメリカン・ハッスル』が最多3部門で受賞【第71回ゴールデン・グローブ賞】(1/2)

ゴールデン・グローブ賞発表!『アメリカン・ハッスル』が最多3部門で受賞
映画『アメリカン・ハッスル』より - (C) 2013CTMG

 現地時間12日、第71回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、デヴィッド・O・ラッセル監督の『アメリカン・ハッスル』が作品賞(コメディ/ミュージカル)を含む最多3部門で受賞した。なお、外国語映画賞にノミネートされていた宮崎駿監督の『風立ちぬ』は惜しくも受賞を逃した。

 最多タイの7部門でノミネートされていた『アメリカン・ハッスル』は、作品賞(コメディ/ミュージカル)のほか、エイミー・アダムスが女優賞(コメディ/ミュージカル)、ジェニファー・ローレンスが助演女優賞を受賞し、最多3部門を獲得した。

 続いて、マシュー・マコノヒーが男優賞(ドラマ)を、ジャレッド・レトーが助演男優賞を獲得した『ダラス・バイヤーズクラブ』が2部門で受賞。一方、最多タイの7部門でノミネートされていたブラッド・ピットの出演映画『それでも夜は明ける』は作品賞(ドラマ)のみの受賞にとどまった。

 『アメリカン・ハッスル』は1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。FBIの捜査に協力させられる詐欺師たちの活躍を描く。出演はクリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、ロバート・デ・ニーロなど。

映画部門の受賞結果は以下の通り。

■作品賞(ドラマ)
『それでも夜は明ける』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
『アメリカン・ハッスル』

■男優賞(ドラマ)
マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■男優賞(コメディー/ミュージカル)
レオナルド・ディカプリオ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

■女優賞(ドラマ)
ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』

■女優賞(コメディー/ミュージカル)
エイミー・アダムス 『アメリカン・ハッスル』

■助演男優賞
ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■助演女優賞
ジェニファー・ローレンス 『アメリカン・ハッスル』

■監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』

■脚本賞 
スパイク・ジョーンズ 『her/世界でひとつの彼女』

■音楽賞
アレクサンダー・イーバート 『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』

■歌曲賞
「Ordinary Love」 『マンデラ:ロング・ウォーク・トゥ・フリーダム(原題) / Mandela: Long Walk to Freedom』

■外国語映画賞
『グレート・ビューティ(仮題)』(イタリア)


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク