シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『アントマン』の全米公開が2週間早まる

『アントマン』の全米公開が2週間早まる
主演のポール・ラッド - Dave Kotinsky / Getty Images

 映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライトが監督を務める、マーベルコミックスの実写化作品『アントマン(原題) / Ant-Man』の全米公開日が2015年7月17日になることが、Varietyなどのメディアによって明らかになった。

 もともと同日は、DCコミックスの二大ヒーローが共演する映画『バットマン vs スーパーマン(仮題) / Batman vs. Superman』の公開日だったが、先日、同作が製作上の理由で2016年5月6日に延期されることが発表されたばかりだった。それを受けてか、2015年7月31日に設定されていた『アントマン(原題)』の公開が2週間早まることになった。同日17日には「ピーター・パン」の前日譚(たん)を描く『パン(原題) / Pan』の公開も設定されている。

 7月中旬の公開(現地時間)というと、『ダークナイト』『インセプション』『チャーリーとチョコレート工場』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』といったヒット作が多いことから、夏の大ヒットを狙ってきているのだろうとForbesは推測している。

 映画『アントマン(原題)』は、体の大きさを自由に変える特殊能力を持つ「アントマン」を描く。『幸せの始まりは』のポール・ラッドと、『恋するリベラーチェ』のマイケル・ダグラスの出演が決まっている。(山口浩太)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 24日
  5. 『アントマン』の全米公開が2週間早まる