シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

黒木華、銀熊賞受賞も謙虚「監督のおかげ」【第64回ベルリン国際映画祭】

黒木華、銀熊賞受賞も謙虚「監督のおかげ」
銀熊のトロフィーを手に笑顔の黒木華 - 第64回ベルリン国際映画祭受賞者会見にて - Andreas Rentz / Getty Images

 現地時間15日、第64回ベルリン国際映画祭で山田洋次監督の映画『小さいおうち』での演技で銀熊賞(最優秀女優賞)を獲得した黒木華が、受賞者会見に出席して現在の心境を口にした。戦時中の日本を舞台にした本作で、黒木は女中のタキを演じている。

 授賞式で「山田監督のおかげ」と強調した黒木は、会見でも同様だった。「すごくうれしいです」と喜びを素直な言葉で表現し、「作品が評価されたのだと思っています。ここに来られたのも監督のおかげです」とあくまで謙虚だった。

 会見では、着物こそ昭和初期の女中とは比べ物にならない豪華なものだが、奉公先の家族のために身を粉にして働くけなげなタキと、23歳の若き新人女優・黒木の姿がだぶるようだった。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 16日
  5. 黒木華、銀熊賞受賞も謙虚「監督のおかげ」