シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中国映画が金熊&銀熊の2冠!会見はリンクレイター監督の再受賞に沸く【第64回ベルリン国際映画祭】

中国映画が金熊&銀熊の2冠!会見はリンクレイター監督の再受賞に沸く
中国映画が金熊&銀熊の2冠! - 『ブラック・コール、シン・アイス(英題)』のリャオ・ファンとディアオ・イーナン監督 - Photo:Yukari Yamaguchi

 現地時間15日、第64回ベルリン国際映画祭授賞式が開催され、ディアオ・イーナン監督の映画『ブラック・コール、シン・アイス(英題) / Black Coal, Thin Ice』(中国)が最高賞にあたる金熊賞、主演のリャオ・ファンが銀熊賞(最優秀男優賞)を受賞した。

 本作は1999年の中国北部を舞台に元刑事が連続殺人を追うスリラー。受賞者会見でイーナン監督は、中国での映画産業の現状について「ヨーロッパは映画も観客も成熟している。中国はマーケットは大きいが、メインストリームのコマーシャリズムは受け入れられても、アートハウスフィルムは難しい」と語った。

 今回は、独特の作風で人気があるウェス・アンダーソン監督(『グランド・ブダペスト・ホテル』、審査員賞)と、91歳にして、新しい視点を示した映画に与えられるアルフレート・バウアー賞受賞の巨匠アラン・レネ監督(『ライフ・オブ・ライリー(英題) / Life of Riley』)が欠席。出席していれば注目されたであろう2人に代わり、一番歓声を浴びたのがリチャード・リンクレイター監督(監督賞)だった。1995年に『恋人までの距離(ディスタンス)』で監督賞を受賞しているリンクレイター監督が再び同賞受賞して登場すると、記者団から喜びの声が上がった。

 断然フォトジェニックだったのは、あでやかな着物姿で若くかわいらしい最優秀女優賞の黒木華。「こっち向いて」「笑って」の声に、律儀にあちこちのカメラと視線を合わせ、ほほ笑みで応えていた。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

主な受賞作、受賞者は以下の通り。
金熊賞
『ブラック・コール、シン・アイス(英題)』(ディアオ・イーナン監督)−中国

銀熊賞−審査員賞
『グランド・ブダペスト・ホテル』(ウェス・アンダーソン監督)−イギリス、ドイツ

銀熊賞−最優秀監督賞
リチャード・リンクレイター監督『ボーイフッド(原題) / Boyhood』−アメリカ

銀熊賞−最優秀女優賞
黒木華『小さいおうち』(山田洋次監督)−日本

銀熊賞−最優秀男優賞
リャオ・ファン『ブラック・コール、シン・アイス(英題)』(ディアオ・イーナン監督)−中国

銀熊賞−芸術貢献賞(カメラ)
ツォン・ジエン『ブラインド・マッサージ(英題) / Blind Massage』(ロウ・イエ監督)−中国、フランス

銀熊賞−最優秀脚本賞
ディートリヒ・ブリュッゲマン、アナ・ブリュッゲマン『ステーションズ・オブ・ザ・クロス(英題) / Stations of the Cross』(ディートリヒ・ブリュッゲマン監督)−ドイツ

アルフレート・バウアー賞
『ライフ・オブ・ライリー(英題) / Life of Riley』(アラン・レネ監督)−フランス


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 16日
  5. 中国映画が金熊&銀熊の2冠!会見はリンクレイター監督の再受賞に沸く