シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

美しすぎる40代の肢体あらわ!ナオミ・ワッツ&ロビン・ライトが互いの息子と恋に落ちる女性を熱演

美しすぎる40代の肢体あらわ!ナオミ・ワッツ&ロビン・ライトが互いの息子と恋に落ちる女性を熱演
ロビン・ライト&ナオミ・ワッツが美しすぎる40代の肢体をあらわに! - 映画『美しい絵の崩壊』より - (c)2012 HOPSCOTCH FEATURES PTY LTD, THE GRANDMOTHERS PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW, CINE-a, MON VOISIN PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 2 CINEMA.

 ナオミ・ワッツとロビン・ライトが互いの息子と恋に落ちる親友同士を演じた問題作『美しい絵の崩壊』が5月31日より日本公開されることが決まった。『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ監督と『危険な関係』『つぐない』の脚本家クリストファー・ハンプトンが手掛ける禁断の愛に、45歳のナオミと47歳のロビンが体当たりで挑んでいる。

 本作は、ノーベル文学賞受賞のイギリス人作家ドリス・レッシングが84歳の時に発表した「グランド・マザーズ」(集英社刊)を原作にした作品。メインの登場人物は、子どものころから親友として育ったロズ(ロビン)とリル(ナオミ)、同様に親友同士であるそれぞれの10代の息子たちの4人。かねてからロズに思いを寄せていたリルの息子が気持ちを打ち明け、それをロズが受け入れたことをロズの息子が知ったことで狂い出す運命を描く。

 ナオミとロビンによる親子ほど年の離れた俳優とのベッドシーンはもちろんのこと、オーストラリアの美しいビーチタウンを舞台にしているとあって劇中ではほとんど水着姿で、美しすぎる40代の肢体を存分に披露している。不安定な危うさと色気をまとった二人の熱演は見逃せないものになっている。(編集部・市川遥)

映画『美しい絵の崩壊』は5月31日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 美しすぎる40代の肢体あらわ!ナオミ・ワッツ&ロビン・ライトが互いの息子と恋に落ちる女性を熱演