シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ゼロ・グラビティ』が最多7部門受賞!作品賞の『それでも夜は明ける』は3部門−アカデミー賞全結果【第86回アカデミー賞】(1/2)

『ゼロ・グラビティ』が最多7部門受賞!作品賞の『それでも夜は明ける』は3部門−アカデミー賞全結果
最多部門で受賞した『ゼロ・グラビティ』より - (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 現地時間2日、第86回アカデミー賞授賞式が行われ、最多10部門でノミネートされていたサンドラ・ブロック主演のSF映画『ゼロ・グラビティ』が最多となる7部門で受賞した。作品賞を受賞した『それでも夜は明ける』は3部門を獲得した。

 映画『ゼロ・グラビティ』は、主要部門で監督賞を受賞したほか、技術部門では作曲賞、視覚効果賞、編集賞、録音賞、音響編集賞、撮影賞とほぼ独占。対抗馬に挙げられていた9部門ノミネートの『それでも夜は明ける』は作品賞ほか、助演女優賞、脚色賞の計3部門を受賞。最多タイの10部門でノミネートされていた『アメリカン・ハッスル』は、まさかの受賞なしだった。

 他の注目部門では、4度目のノミネートでのオスカー初受賞が期待されていた『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のレオナルド・ディカプリオがまたも受賞を逃した。また、宮崎駿監督の『風立ちぬ』(長編アニメ映画賞ノミネート)、森田修平監督の『九十九』(短編アニメ映画賞ノミネート)といった日本作品も受賞はならなかった。

 映画『ゼロ・グラビティ』は、『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロン監督がメガホンを取ったSF映画。トラウマを抱えた科学者(サンドラ・ブロック)が宇宙での漂流を通じて、生きる希望を再び見出していくさまを描く。(編集部・福田麗)

■作品賞
『それでも夜は明ける』

■主演男優賞
マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■主演女優賞
ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』

■助演男優賞
ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■助演女優賞
ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』

■監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』

■脚色賞
ジョン・リドリー 『それでも夜は明ける』

■脚本賞
スパイク・ジョーンズ 『her/世界でひとつの彼女』

■撮影賞
エマニュエル・ルベツキ 『ゼロ・グラビティ』

■美術賞
『華麗なるギャツビー』

■音響編集賞
『ゼロ・グラビティ』

■録音賞
『ゼロ・グラビティ』

■編集賞
アルフォンソ・キュアロン、マーク・サンガー 『ゼロ・グラビティ』

■作曲賞
スティーヴン・プライス 『ゼロ・グラビティ』

■歌曲賞
「Let It Go」 『アナと雪の女王』

■衣装デザイン賞
キャサリン・マーティン 『華麗なるギャツビー』

■メイク・ヘアスタイリング賞
『ダラス・バイヤーズクラブ』 


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 3日
  5. 『ゼロ・グラビティ』が最多7部門受賞!作品賞の『それでも夜は明ける』は3部門−アカデミー賞全結果