シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

劇団ひとり、初監督作の現場での“私語”はあいさつのみ

劇団ひとり、初監督作の現場での“私語”はあいさつのみ
劇団ひとりのシャイぶりを明かした柴咲コウ(左)と大泉洋(右)

 お笑い芸人・劇団ひとりの初監督作品『青天の霹靂』のプレミア試写会が14日に都内で行われ、キャストの大泉洋と柴咲コウが現場での劇団ひとりのシャイすぎる一面を明かした。

 同作は劇団ひとりが自身の小説第2作を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップしたさえないマジシャン・轟晴夫(大泉)が、同じマジシャンであった若き日の父・正太郎(劇団ひとり)と母・悦子(柴咲)に出会い、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る姿を感動的に描く。

 大泉のトランプマジックシーンでは80テイク以上撮影を行ったという劇団ひとりは、「最初で最後の監督業と思って1分1秒にこだわって作りました」と作品に込めた思いを吐露。そんな劇団ひとりの監督ぶりにはこれまで多くの現場を経験してきた柴咲も、「初めて仕事をする監督さんで、しかも監督をされるのも初めてというのは出る側として不安もありましたが、無駄がないし感情の演出も素晴らしかったです。超スーパー監督でした」と大絶賛。大泉も「才能に驚かされました」と褒めたたえた。

 その一方で、柴咲は劇団ひとりの素顔について「すごく人見知りで、雑談が一切なくて話しかけても『えぇ』くらいでした」とテレビのイメージとのギャップに驚いたことを紹介。大泉も「非常にシャイな方で、わたしとも前半はあまりしゃべらなくて正直なぜオファーしたの? わたしのことがお嫌いなのかなってくらい口をきいてくれなくて」と同意して笑わせた。

 この日のステージでは軽快なトークで観客を笑わせていた劇団ひとりだったが、シャイな一面を明かされると「私語は『おはようございます』『お疲れ様でした』くらいでした」とすなおに振り返り、「監督業だけでいっぱいで。柴咲さんも自分が思っている以上にきれいな方なので、監督業以外にドキドキしてたくなかったんですよ」と照れくさそうに明かしていた。(中村好伸)

映画『青天の霹靂』は5月24日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 劇団ひとり、初監督作の現場での“私語”はあいさつのみ