シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

塩谷瞬、故・桜塚やっくんとの共演を語る

塩谷瞬、故・桜塚やっくんとの共演を語る
桜塚やっくんとの共演を語った塩谷瞬

 俳優の塩谷瞬が20日、都内で行われた主演映画『歌舞伎町はいすくーる』の舞台あいさつに出席し、劇中で共演しているお笑い芸人の故・桜塚やっくん(本名:斎藤恭央さん)との思い出を振り返った。

 同作はもとはしまさひでのコミックを基に、『赦免花(しゃめんばな)』など特機監督として活躍している軽部進一監督がメガホンをとったSFラブアクション・エンターテインメント。新宿歌舞伎町にある定時制高校を舞台に、ひと癖もふた癖もある登場人物たちによる騒動を、SFやラブコメ、本格アクションなどてんこ盛りで描いている。

 個性的な登場人物の中で昨年10月に交通事故のため死去した桜塚やっくんも、バンド「美女♂men Vlossom」のメンバーと共に出演。「ノーギャラでもいいから出演したい」と本人の希望でワンシーンに飛び入り参加したそうで、同席した軽部進一監督は「前から友達同士で、『今度映画を撮るよ』と話したら、『ぜひ出させてほしい』と。それを(脚本の)那須(真知子)先生に話したらいいよということで」と出演の経緯を振り返った。

 桜塚やっくんと共演した教室のシーンを「すごい恰好をしていますよ」と紹介した塩谷は「『次また一緒にやりたいね、舞台やるから観に来てね』と言ったところで、天国の方に行かれたので、もう一回芝居をやりたかったなという思いは強いです」と思いを吐露。続けて、「でも、その分この作品でやっくんがどういうことをやりたかったのか感じてもらえれば幸いです。やっくん、ありがと」と感謝の言葉で結んだ。

 また、桜塚やっくんとは「デビューのときからお世話になっていて」と交友関係も語った塩谷。「自分の誕生日の時にもあのキャラで来てMCとかもやってくれて。頼んではいなかったのに『盛り上げてもいいですか?』ってネタをやってくれて、エンタで大人気の時だったので会場中が笑ってくれて温かい人でした」と人柄を振り返っていた。塩谷と軽部監督のほかに、キャストの大島なぎさ、くまきりあさ美、辻やすこ、乃木太郎も出席。さらに、後半には千葉真一が長男で、ハリウッドで主演作を撮り終えて現在は日本で殺陣を練習中という真剣佑(マッケンユー)を連れて登場して会場を沸かせた。(中村好伸)

映画『歌舞伎町はいすくーる』は5月3日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 20日
  5. 塩谷瞬、故・桜塚やっくんとの共演を語る