シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

X-MENで競演した旬のセレブスター、仰天ギャップを検証!

X-MENで競演した旬のセレブスター、仰天ギャップを検証!
特殊メイクで素顔からは想像できない演技も! ミスティーク(左)役のジェニファー・ローレンス(右) - (C) 2014 Twentieth Century Fox, Christopher Polk / WireImage / ゲッティ イメージズ

 シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』で、特殊メイクを駆使して超人的能力を持つミュータントを熱演した豪華セレブスターたちの、役柄と素顔とのギャップを検証した。

 まずは、一匹おおかみのワイルドなX-MENウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン。妻デボラ=リー・ファーネスと2人の養子を心底大事にし、金曜日の夜は家で4人一緒に映画を観るのが楽しみだという彼は、孤高のウルヴァリンとは百八十度違う家族思いのセレブスター。日本好きでも知られ、来日時に富士山登山や新幹線乗車の様子をツイートしてファンを喜ばせるなど、旺盛なサービス精神と紳士的な物腰も粗暴な役柄と大きく異なる。

 そんなヒュー以上に役柄とのギャップを感じさせるのが、ウロコのような青い肌と黄色い目を持ち、目的のためなら手段を選ばない悪女タイプのミスティークを演じたジェニファー・ローレンスだ。昨年のアカデミー賞主演女優賞に輝き、今年は『アメリカン・ハッスル』で助演女優賞にノミネートされた実力派のジェニファーだが、素顔は天真爛漫(らんまん)な女の子。本年度のアカデミー賞授賞式では、最優秀助演女優賞を射止めたルピタ・ニョンゴからオスカー像を奪うフリをしてみせたり、レッドカーペットでコケて尻もちをついたりと、おちゃめで飾らない人柄が生中継されて話題となった。

 また、前作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の共演をきっかけにジェニファーとの交際をスタートしたといわれている俳優ニコラス・ホルトは、本作でも全身青い体毛のX-MENビーストに変身する科学者を熱演。ジェニファーと共に鮮烈な青の特殊メイクで、体を張ったアクションに挑んでいる。このニコラスも、名前通り野獣のような容姿のビーストからは想像もつかない美貌の持ち主で、性格も至って控え目と評判の若手スター。旬のセレブたちの超絶ギャップが、X-MENシリーズのヒットの要因なのかもしれない。(斉藤由紀子)

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』は5月30日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 28日
  5. X-MENで競演した旬のセレブスター、仰天ギャップを検証!