シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

演劇・映画プロデューサーの九條今日子さんが死去 寺山修司の元妻

演劇・映画プロデューサーの九條今日子さんが死去 寺山修司の元妻
九條今日子さんの近影‐株式会社テラヤマ・ワールド提供

 寺山修司さんの元妻で、演劇・映画プロデューサーの九條今日子(本名:寺山映子)さんが4月30日、肝硬変による食道静脈瘤破裂のため自宅で死去した。78歳。通夜は4日、告別式は5日に新宿区・千日谷会堂にて執り行われる。

 九條さんは1935年10月22日、東京・麻布生まれ。三輪田学園卒業後、松竹音楽舞踊学校を経て、九条映子の名でSKD(松竹歌劇団)の舞台にデビュー。その後、松竹映画に移り、野村芳太郎監督の映画『黄色いさくらんぼ』(1960年)などに出演した。

 1963年に寺山修司さんと結婚し、1967年には「天井桟敷」を創立。寺山さんとは1970年に離婚したが、その後も寺山さんの仕事をサポートし、1982年の最終公演「レミング:壁抜け男」まで全舞台の製作を担当。また、寺山さんが監督を務めた『田園に死す』(1974年)、『さらば箱舟』(1982年)などの映画でもプロデューサーを務めた。

 1983年に寺山さんが死んだ後は寺山作品の著作権管理を行い、1997年に完成した三沢市寺山修司記念館の設立に力を注いだ。全国各地で講演を行ったほか、「回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで」「ムッシュウ・寺山修司」といった著書がある。株式会社テラヤマ・ワールドの共同代表取締役。三沢市寺山修司記念館名誉館長。三沢市観光大使。(編集部・福田麗)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 2日
  5. 演劇・映画プロデューサーの九條今日子さんが死去 寺山修司の元妻