シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョニデをメロメロにしたのも納得?婚約者アンバー・ハードのボンデージ姿が公開

ジョニデをメロメロにしたのも納得?婚約者アンバー・ハードのボンデージ姿が公開
ボンデージ姿のアンバー・ハードにメロメロ? - (C) 2013 3DTK INC.

 『ボディガード』などの俳優ケヴィン・コスナーが約4年ぶりに主演を務めた映画『ラストミッション』より、ジョニー・デップの婚約者として一躍注目を浴びた女優アンバー・ハードのセクシーな劇中姿が公開された。

 本作でアンバーが演じるのは、余命3か月と宣告されたベテランCIAエージェントの主人公イーサン・レナー(ケヴィン)に延命薬をちらつかせ、任務を遂行させる謎の女エージェント・ヴィヴィ。劇中ではタイトなパンツ、ロングブーツにレザージャケット、ロングコートやフェミニンなタイトスカートを着こなし、ミステリアスなイメージを振りまいている。

 今回公開されたのは、そんなアンバーがストリップバーで黒髪ボブヘアに変身し、ボンデージ姿で注射器を構えたところを捉えた画像。その注射器に入っているのが物語のキーとなっている延命薬なのだが、見るからに怪しいのはアンバーの浮かべる妖艶な表情のなせるわざ? ジョニー・デップがベタぼれになったというのもうなずける魅力が満載だ。

 メガホンを取ったマックG監督は、アンバーの起用について「主人公を動かすことができ、同時に謎めいたオーラを放ち続けることのできる女優を見つける必要があった。観客はイーサンの目を通してヴィヴィを見るし、彼女は自分の望みのものを得るすべを身に付けた、並外れたキャラクターじゃなくてはいけない」と理由を説明。「アンバーはテキサス出身で、射撃の腕も立つし、活用できる人生経験が豊富な方がいいと思うし、抑制しない人生を送ってきた彼女にはぴったりなんだ!」と絶賛。撮影を通じて、監督をもトリコにしてしまったようだ。

 映画『ラストミッション』は、『レオン』『フィフス・エレメント』のリュック・ベッソンが脚本を手掛けたアクションサスペンス。余命3か月と宣告されたベテランCIAエージェントがパリを舞台に、テロリストを相手にした最後の任務に挑むさまを描く。(編集部・福田麗)

映画『ラストミッション』は6月21日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 11日
  5. ジョニデをメロメロにしたのも納得?婚約者アンバー・ハードのボンデージ姿が公開