シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新生『キカイダー』、新旧ジローが完成度に自信!

新生『キカイダー』、新旧ジローが完成度に自信!
下山天監督、佐津川愛美、入江甚儀、高橋メアリージュン、伴大介

 故・石ノ森章太郎氏原作の人気特撮ドラマ「人造人間キカイダー」をリメイクした映画『キカイダー REBOOT』の完成披露試写会が15日、新宿バルト9で行われ、新たなキカイダーことジロー役を務めた俳優の入江甚儀が、完成した作品への自信を語った。この日は、モデルの高橋メアリージュン、ヒロインの佐津川愛美、オリジナル版でジローを演じた伴大介、メガホンを取った下山天監督も出席した。

 本作が映画初主演となった入江は「日本の特撮魂を感じさせる作品になっています。これが世の中に解き放たれるのが今から楽しみ」とコメント。「初号試写を観て、CGやエフェクト、音楽などから、スタッフの熱量が伝わってくるようで感動しました。何より面白かった」と自信をのぞかせる。

 最初はプレッシャーもあったという入江だが、伴から初対面のとき「大丈夫」と背中をたたかれたことで開放されたと述懐。一部のシーンでは実際にキカイダーの中に入って演技したといい「なかなかできない経験ができた。スーツアクターの方の気持ちがわかりました。大変だったけど、やってよかったなと思っています」と撮影を振り返った。

 また本作に心理学者役で出演した伴は、「今の映像は、こんなことができるのかとびっくりしました。キカイダーの復活は素直にうれしいし、関係者の皆さんには本当に感謝している」としみじみ。一方、女性型アンドロイドのマリ役を務めた高橋は、今回アクションに初挑戦し「憧れがあったので楽しめましたが、練習では筋肉痛がひどかったです。戦闘ロボットの役ということで、強くなくてはいけないしアクションも正確でなくてはいけないと思い、かなりこだわりました。ぜひアクションシーンを観てほしい」と呼び掛け、充実の表情を見せていた。

 本作は、良心回路を内蔵した心を持つ人造人間「キカイダー」ことジローが、ロボットを利用した国家的プロジェクトの裏でうごめく陰謀に立ち向かう姿を描く特撮映画。(取材・文:名鹿祥史)

映画『キカイダー REBOOT』は5月24日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 15日
  5. 新生『キカイダー』、新旧ジローが完成度に自信!