シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大泉洋、夕食は1日2回!劇団ひとりが大食いぶり明かす

大泉洋、夕食は1日2回!劇団ひとりが大食いぶり明かす
笑顔の柴咲コウ、大泉洋、劇団ひとり

 俳優の大泉洋が20日、都内で行われた映画『青天の霹靂』プレミア試写会に女優の柴咲コウ、メガホンを取ったお笑い芸人の劇団ひとりと出席。劇団ひとりから同作のキャンペーン中、大泉の1日のスケジュールには「夕食」が2回もあったと“大食いぶり”を明かされた。

 同作は作家や俳優としても活躍する劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップしたさえないマジシャン・轟晴夫(大泉)が、同じマジシャンであった若き日の父・正太郎(劇団ひとり)と母・悦子(柴咲)に出会い、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る姿を感動的に描く。

 大泉と劇団ひとりは公開に向けて全国でイベントを行っていることから、地方の美食トークで盛り上がったこの日のイベント。劇団ひとりは大泉について「シメでラーメンを食べて、もう1回ラーメンでシメるんですよ」とその旺盛な食欲に驚いたといい、「ある日は『取材1』『取材2』とかスケジュールが詰まっている中、最後に『夕食1』『夕食2』とあって。夕食がスケジュールに2回も入っているのを初めて見ましたよ」と暴露。「しかも両方ともがっつりした飯で、食わないと(大泉が)『え、もうそこでおしまい?』って顔をするので“フードハラスメント”って言っていました」とぶっちゃけトークを繰り広げた。

 さらに、明日は大泉の本拠地・札幌でイベントとあり、大泉から「キャンペーンの3日前から肉も魚も食うな」と言われているという劇団ひとり。これに対して大泉は「並々ならぬ手配をしているわけですよ」とホームだけにおもてなしに相当気合を入れている様子で、「肉を食うのであれば前の日に食ったら食う気にならないでしょ。北海道であれば魚もあるので魚もダメ、スープカレーもあるのでカレーもダメ」とこの3日間は劇団ひとりの食事にあれこれ制限をかけていることを明かして笑いを誘った。

 一方、そんな2人のやりとりに笑いっぱなしだった柴咲は、劇団ひとりについて聞かれると「人間力はすごく高い方だなとひしひしと感じました」とコメント。本作が感動作であることから「人間性が高くないとこういう作品は撮れないんじゃないかと思いました」と監督としての才能を絶賛していた。(中村好伸)

映画『青天の霹靂』は5月24日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 20日
  5. 大泉洋、夕食は1日2回!劇団ひとりが大食いぶり明かす