シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山田孝之、共演者の演技を大絶賛も…“クズ”エピソードが続々?

山田孝之、共演者の演技を大絶賛も…“クズ”エピソードが続々?
共演者を大絶賛した山田孝之

 17日、俳優の山田孝之がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『闇金ウシジマくん Part2』公開記念舞台あいさつに出席し、クズを演じきった共演者に「役をつくり込んで演じていてみんな格好いい」と絶賛した。本舞台あいさつには、綾野剛、菅田将暉、門脇麦、高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督も出席した。

 テレビドラマや前作の劇場公開版以上に“クズ”キャラたちが登場している本作に、山田が「みんなクソみたいなやつらの役を、すごくつくり込み、吹っ切ってやっている姿を見ていると、同じ俳優として、とても格好よく見えました」と最大級の賛辞を送ると、山口監督も「ドラマ版から一緒にやってきたメンバーはもちろん、今回から参戦した役者さんたちみんなが、最高得点の芝居をしてくれた奇跡のような作品です」と満面の笑顔で俳優陣をたたえていた。

 そんな誇るべき役者たちだが、私生活では“クズ”な部分があるらしく、菅田が「学生時代にピンセットをコンセントに挿し込み、感電させて周りを停電させてしまった」というクズエピソードを披露すると、山田も「僕も小学生のころ、やりました」とカミングアウト。すると綾野も「俺もコンパスの先でやった」と告白。山田が綾野や菅田の金髪姿を指し「ある程度電気を浴びるとこんな感じに仕上がるんですね」とまとめると、場内から大歓声が上がった。

 さらに山田は「実は、今日の朝4時まで飲んでいたんです」と明かすと、「ちゃんと仕事しているし、僕はそんなにクズだとは思わないのですが、午前中から人前に立つ仕事で、しかもマスコミも入る現場で、そんなことをするのは、世間一般的にはクズなんでしょうね」と自虐的な発言で会場を沸かせた。

 本作は、真鍋昌平のコミックをテレビドラマ化した『闇金ウシジマくん』の劇場公開版第2弾。原作の「ヤンキーくん」編と「ホストくん」編を脚色し、お金に溺れていくさまざまな人たちと、ウシジマを中心としたカウカウファイナンスのメンバーとの泥くさい駆け引きや争いをダイナミックに描く。(磯部正和)

映画『闇金ウシジマくん Part2』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 山田孝之、共演者の演技を大絶賛も…“クズ”エピソードが続々?