シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大泉洋、映画監督に野望? 劇団ひとり監督に刺激

大泉洋、映画監督に野望? 劇団ひとり監督に刺激
絶妙な掛け合いで場内を盛り上げた柴咲コウ、大泉洋、劇団ひとり

 24日、映画『青天の霹靂』初日舞台あいさつが、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、主演の大泉洋、柴咲コウ、マジック監修を務めた魔耶一星氏、そして原作・監督・出演の劇団ひとりが登壇した。キャンペーン期間中から、大泉と息の合った掛け合いを披露していたひとり監督は「幼なじみだったら『一緒にコンビ組んで天下取ろうぜ!』って言っていますよ」と相性の良さをアピールしていた。

 本作が初メガホンとなったひとり監督だったが「とても丁寧な演出で、これが本当に初めての作品かと思ったぐらい」と柴咲が絶賛すると、大泉も「嫌らしい泣きの演出とかではなく、自然と清々しい涙が出てくるような映画。全てにおいてセンスが良かった」と、ひとり監督に最大級の賛辞を送った。

 さらに柴咲が「芸人としてではなく、映画監督としてドンと(偉そうな感じで)いればいいのに」とサービス精神旺盛に振舞うひとり監督に注文を出すと「だって偉そうに腕とか組んで立っていたら『勘違いしてんじゃねーよ』ってたたかれるに決まってんじゃん」と切り返し、場内の笑いを誘っていた。

 マルチな才能を存分に発揮したひとり監督に、大泉は「目の前でこれだけの才能を見せつけられると、自分には映画監督なんて無理かなって思ったけれど、いつの日か、自分も作品を撮ってみたいなって気持ちになりますね。その時は、ひとりさんにマジックをやってもらって……」と映画監督宣言!? すると柴咲は「わたしは助監督がいいです。結構向いていると思うんですよね」と追随したが、大泉から「こんな助監督いたら、気を遣ってしょうがないよ」と突っ込まれタジタジになっていた。

 本作は、お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取り映画化。現在の人生を悲観している一人のマジシャンが、父の死をきっかけに突如タイムスリップし、若き日の父と出会うことにより、自身の生き方が変化していく姿を感動的に描く。(磯部正和)

映画『青天の霹靂』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 大泉洋、映画監督に野望? 劇団ひとり監督に刺激