シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新垣結衣のママぶりに大泉洋が太鼓判!初の母親役挑戦で

新垣結衣のママぶりに大泉洋が太鼓判!初の母親役挑戦で
新垣結衣のママぶりに夫役・大泉洋も太鼓判! - (c)2014 「TWILIGHT ささらさや」製作委員会

 新垣結衣が自身初となる母親役に挑んでいる映画『TWILIGHT ささらさや』の取材会が行われ、初共演にして夫役を務める大泉洋がそのママぶりに太鼓判を押した。本作は加納朋子の小説「ささら さや」を原作に、夫・ユウタロウ(大泉)の突然の死により生まれたばかりの息子と二人きりになった妻・サヤ(新垣)が、死後もこの世にとどまっているユウタロウの助けを借りながら成長していく姿を描いたヒューマンドラマだ。

 赤ちゃんとの共演について新垣は「最初のころは赤ちゃんも何が何だかわからないという感じでいい子でいてくれて、『これ赤ちゃんのシーン撮っているの?』ってくらいスムーズでした」と切り出すと、「でも1か月もたつといろんなものがしっかり見えてきて、カメラが怪獣に見えるのかな? とか、人にやたら見られているな、とか、そういうのを感じるようになったのか、ちょっと大変で」と徐々に撮影が難しくなっていったと明かす。

 それでも「わたしよりもスタッフさんが大変で、あやすためにいろいろな技を使っているんです。それに惑わされず演技に集中することがすごく大変だなーなんて」と笑顔で語る新垣の母親ぶりに、大泉は「1か月前に見た時よりも新垣さんの子供のあやし方が明らかに堂に入っていました。数々の修羅場をくぐったんだろうな、と思いました」と太鼓判を押した。

 また、大泉は新垣と演じたユウタロウとサヤという夫婦について「ユウタロウという人は、サヤに対して常に上にいて、いろんなことを教えてあげられると思っているんだけど、実は何もわかっていないっていうバカな男なんですよ。逆にサヤは『ユウちゃん(ユウタロウ)がいないとわたしは何もできない』くらいに思っているんだけど、芯にしっかりしたものを持っている奥さんなんだろうなと思いますね」と分析していた。

 新垣はそんな夫婦の姿を描いた本作を「旦那さんが亡くなって、これからどうやって生きていけばいいんだって悩んでいる女性がいろんな人に助けられて、旦那さんにも助けられて、自分の子供に育てられて……。家族の愛を描いているお話ですし、悲劇なんですけど、何かすごく温かい気持ちになれる作品」とアピール。サヤは赤ちゃんにはもちろんのこと、大泉ふんするユウタロウに対しても母親みたいな気持ちで接する部分があるといい、“母親役”で新境地を開いた新垣の演技に期待が高まる。(編集部・市川遥)

映画『TWILIGHT ささらさや』は今秋、全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 17日
  5. 新垣結衣のママぶりに大泉洋が太鼓判!初の母親役挑戦で