シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サラ・ジェシカ・パーカー、ツイッターの利用方法を模索中

サラ・ジェシカ・パーカー、ツイッターの利用方法を模索中
ツイッターやめたらいいのでは? - サラ・ジェシカ・パーカー

 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーが、ツイッターであまり正直になりすぎると大変なことになるかもしれないと心配し、SNSの扱い方に戸惑っていると語った。

 「ツイッターに文句をつけているわけじゃないの。正直でいながら、精神的にボロボロにならないような利用方法を模索している途中なの」とサラはCosmopolitan誌に語っている。

 サラが戸惑っている理由は、すべてのツイートにきちんと返事をしなければならないと思ってしまうからとのこと。「わたしにとっては複雑なものなの。ツイッターでする会話に違和感があるし、参加していることにも葛藤を感じるわ。リツイートしてほしい、誕生日おめでとうと言ってほしい、勇気づけてほしい、病気の子供や親を持つ人にメッセージを送ってほしいとの願いをすべて聞き入れなきゃいけない気持ちになるの。そして、これらすべてに応えられない自分はみんなの期待を裏切っていると感じてしまう。わたしにとっては、とにかく複雑なものだわ」とコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 27日
  5. サラ・ジェシカ・パーカー、ツイッターの利用方法を模索中